ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入

2017.10.13 自動車ニュース
「ジャガーXJR575」(以下、写真はすべてXJR575のもの)
「ジャガーXJR575」(以下、写真はすべてXJR575のもの)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年10月13日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。

 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大
 
ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入の画像拡大

最もパワフルな新グレード「XJR575」

ジャガーXJの2018年モデルでは、新たに「XJR575」をラインナップに追加した。XJR575は最高出力575ps、最大トルク700Nm、0-100km/h加速4.4秒というスペックを誇る、“XJ史上最もパワフル”な新グレードで、内外装ともに専用のデザインを多数採用している。

また装備の強化も図っており、従来モデル(8インチ)よりも大型の10.2インチ静電式タッチスクリーンで操作するインフォテインメントシステム「Touch Pro」にInControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備化。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。コネクティビティー機能も強化しており、通信が4G対応に。また、最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境もオプションで用意している。

さらに、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープアシスト、ドライバーの疲れを検知するとアラートを発して休息を促すドライバーコンディションモニターなどの安全機能を全グレードに標準装備。快適性や安全性のさらなる向上を図った。

ラインナップは、2リッター直4エンジンモデルがカタログ落ちし、3リッターV6スーパーチャージド・ガソリンエンジンと5リッターV8スーパーチャージド・ガソリンエンジンの出力違いの計3種類に集約。グレード体系は全6機種展開となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • XJラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1149万円
  • XJプレミアムラグジュアリー(3リッターV 6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1253万円
  • XJポートフォリオ(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm)1403万円
  • XJ Rスポーツ(3リッターV6スーパーチャージド/340ps/450Nm):1434万円
  • XJR575(5リッターV8スーパーチャージド/575ps/700Nm):1887万円
  • XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッターV8スーパーチャージド/510ps/625Nm):2069万円

(webCG)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • ジャガーXJR575(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.31 試乗記 モデル末期ともうわさされるジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「XJR」が、よりパワフルな「XJR575」に進化を遂げた。575psのパワーを“後ろ足”だけで地面にたたき付ける、英国最後の猛獣の走りを報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
ホームへ戻る