東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】ルノーがF1参戦40周年を記念し、スポーツモデルのみを展示

2017.10.25 自動車ニュース
ルノーのブースでは多くの報道陣が囲む中、「メガーヌR.S.」がアンベールされ、その姿を現した。
ルノーのブースでは多くの報道陣が囲む中、「メガーヌR.S.」がアンベールされ、その姿を現した。拡大

ルノー・ジャポンは2017年10月25日、東京モーターショー2017の会場において、新型「メガーヌR.S.」をはじめとするスポーツモデル5台と、ルノーF1ショーカーを展示した。ルノーがターボエンジンで、F1に初参戦したのは1977年。今年、40周年を迎えた。

ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)代表取締役は2017年9月には8年連続の対前年比販売増を継続することができたことを発表。「ルノー・ジャポンは、確実に成長し続けている」と語った。
ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)代表取締役は2017年9月には8年連続の対前年比販売増を継続することができたことを発表。「ルノー・ジャポンは、確実に成長し続けている」と語った。拡大
ルノー・スポール・カーズのマネージングダイレクター、パトリス・ラティ氏。
ルノー・スポール・カーズのマネージングダイレクター、パトリス・ラティ氏。拡大
「ルノー・メガーヌR.S.」
「ルノー・メガーヌR.S.」拡大
「ルノー・メガーヌR.S.」のインテリア。
「ルノー・メガーヌR.S.」のインテリア。拡大

第45回東京モーターショーのルノーブースは、ルノーのF1参戦40周年を記念し、スポーツモデルのみの展示となった。日本初公開となる新型ルノー・メガーヌR.S.をはじめとする最新のスポーツモデルや、ルノーのモータースポーツへのパッションの象徴であるF1のショーモデルが展示された。 

ルノーのスポーツモデルの開発を担うのがルノー・スポールだ。
1976年に創業し、現在はルノー・スポール・レーシングとルノー・スポール・カーズの2つからなる。今回は、ルノー・スポール・カーズのマネージングダイレクターである、パトリス・ラティ氏に話を聞くことができた。

ラティ氏はエンジニア出身で、過去にはF1のシャシー設計に携わったという経歴を持つ。彼が考える、走っていて楽しいクルマについて聞いてみると、

「それはコーナリング性能に優れ、俊敏性の高いクルマです。本当に自分が、コントロールしているんだ、と実感できるクルマですね。私たちがつくるクルマは、そんなクルマに仕上がっています。ルノー・スポールの強みは、モータースポーツ出身の人間が多いことです。モータースポーツに携わっていて難しく思うのは、コーナリングやブレーキング、加速やトラクションなど、すべて最適化していくことですが、そういったモータースポーツでの経験が、市販車をつくるうえでも役立っていると思います」。

ルノー・スポールの市販モデルには、ラティ氏のこだわりやレーシングスピリットがしっかり投影されているようだ。

また、日本市場は、ルノー・スポールにとって、フランス、ドイツに次ぐ大きなマーケットだ。日本市場での人気の高さの理由について問うと、
「日本には“違いのわかるドライバー”がたくさんいらっしゃるということがあると思います。また、山道が多く、コーナリング性能の高さを体感し、評価できる土壌があるのも大きいですね」との見解を述べ、日本市場への期待感をにじませた。

(文=スーザン史子)