トヨタが「プリウス」の20周年記念モデルを発売

2017.11.01 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスAプレミアム」
「トヨタ・プリウスAプレミアム」拡大

トヨタ自動車は2017年11月1日、ハイブリッド車「プリウス」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」および「Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」を設定したと発表した。一部改良を加えた標準車とS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”は同日に、Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッドは同年11月15日に発売する(受注期間は12月下旬まで)。

「プリウスS“セーフティープラス”」
「プリウスS“セーフティープラス”」拡大
「プリウスS“セーフティープラス ツートーン”」
「プリウスS“セーフティープラス ツートーン”」拡大
「プリウスS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」は、駐車支援機能の「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備する。
「プリウスS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」は、駐車支援機能の「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備する。拡大

安全装備を大幅に強化

今回の一部改良では、ピアノブラック加飾を施したフロントコンソールトレイを採用したほか、11.6インチの「T-connect SDナビゲーションシステム」をオプションで設定。価格については以前から据え置きとしている。

S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”については、標準グレードの「S」をベースに、アクセルペダル踏み間違え時の衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」や衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」、LEDフォグランプなどを特別装備し、安全装備を充実させた。

さらに、バックカメラとステアリングスイッチからなる「ナビレディセット」を特別装備したほか、S“セーフティープラス ツートーン”には内外装の各所にブラックの加飾を施した。

ボディーカラーは、S“セーフティープラス”には「スティールブロンドメタリック」など全4色を設定。S“セーフティープラス ツートーン”にはツートンボディーカラーとして、ルーフに「アティチュードブラックマイカ」、ボディーに「ホワイトパールクリスタルシャイン」の組み合わせなど、全3タイプの組み合わせを用意した。

「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」拡大
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」は、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用する。
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」は、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用する。拡大
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」に備わる専用スマートキー。
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」に備わる専用スマートキー。拡大
プレミアムナッパ本革仕様の車検証入れも「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」の特別装備のひとつ。
プレミアムナッパ本革仕様の車検証入れも「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」の特別装備のひとつ。拡大

ハイブリッド車のパイオニアが20周年

Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッドは、1997年に誕生したプリウスの20周年を記念して設定された特別仕様車である。

上級グレードの「Aプレミアム」をベースに、215/45R17のタイヤなど“ツーリングセレクション”の装備に加えて、ルーフにアティチュードブラックマイカ、ボディーにホワイトパールクリスタルシャインまたは「エモーショナルレッド」という、2タイプのツートンのボディーカラーを設定。アルミホイールにブラックスパッタリング塗装を施すなど、エクステリアの各所にブラックを配置することで、ボディーカラーとのコントラストを際立たせている。

インテリアでは、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用したほか、随所にブラックのアクセントを加えた。フロントコンソールトレイには、ピアノブラック加飾のつやと輝きを保つ自己治癒クリヤー加工を施している。さらに、専用のレッドのアクセントを加えたサイドレジスターなども採用している。

また、11.6インチのT-connect SDナビゲーションシステムを標準装備としたほか、専用スマートキーや専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)も備わる。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • S“セーフティープラス”:260万7120円(FF)/280万1520円(4WD)
  • S“セーフティープラス ツートーン”:273万3480円(FF)/292万7880円(4WD)
  • Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド:385万円(FF)/404万4400円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
プリウス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る