ミツオカ、「リューギ」シリーズをマイナーチェンジ

2017.11.09 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大

光岡自動車は2017年11月9日、ミディアムクラス「リューギ/リューギ ワゴン」にマイナーチェンジを施して発表した。同年11月10日に発売する。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大

全車に「Toyota Safety Sense C」を標準装備

今回のマイナーチェンジは、リューギ/リューギ ワゴンのベースモデルとなる「トヨタ・カローラアクシオ/カローラフィールダー」のマイナーチェンジに伴う変更となり、主に予防安全装備の充実が図られている。具体的な改良点は以下のとおり。

  • 駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに設定。リューギの「ハイブリッド」と「15DX」に標準装備、「15ST」にオプション設定。リューギ ワゴンにオプション設定。
  • 全車に予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」を標準装備。
  • スマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大。リューギのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。リューギ ワゴンのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。
  • アクセルペダルを踏まずに定速走行ができるクルーズコントロールを新設定。ハイブリッドに標準装備。
  • 新しいボディーカラーを設定。リューギには全6色中2色(クールボルドーガラスフレークとアバンギャルドブロンズメタリック)、リューギ ワゴンには全7色中1色(クールボルドーガラスフレーク)の新色を用意。
  • シートのカラーと生地の変更。リューギ15STのシート色をブラックに変更し、質感を向上させた。

車両価格は、リューギが223万3000円~314万円、リューギ ワゴンが253万0440円~345万0600円。

(webCG)

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ミツオカ・リューギ/リューギ ワゴン」の特別仕様車「EX」発売 2019.11.14 自動車ニュース 光岡自動車は2019年11月14日、「リューギ」および「リューギ ワゴン」に特別仕様車「EX」をそれぞれ設定し、同年11月15日に発売すると発表した。プッシュボタンスタートシステム+スマートキーを標準装備としている。
  • ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定 2020.10.1 自動車ニュース 光岡自動車がコンパクトセダン/ワゴン「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定。セダンが16万5000円、ワゴンが27万5000円の値上げとなっており、2019年11月に登場した特別仕様車「リューギEX/リューギワゴンEX」の価格も、同様に変更している。
  • ミツオカ・リューギ、安全装備を充実し発売 2015.7.1 自動車ニュース 光岡自動車は2015年7月1日、ミディアムクラスセダン「Ryugi(リューギ)」にマイナーチェンジを実施し、同年7月3日に発売すると発表した。
  • 進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? 2021.4.9 デイリーコラム 主力車種「モデル3」を大幅値下げを断行し、3年以内には価格2万5000ドルほどのEVも新規投入するというテスラ。そうした攻めの戦略は、ユーザーのEV意識や自動車業界の勢力図を大きく変えるのか? 識者はこう考える。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
ホームへ戻る