ミツオカ、「リューギ」シリーズをマイナーチェンジ

2017.11.09 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大

光岡自動車は2017年11月9日、ミディアムクラス「リューギ/リューギ ワゴン」にマイナーチェンジを施して発表した。同年11月10日に発売する。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大

全車に「Toyota Safety Sense C」を標準装備

今回のマイナーチェンジは、リューギ/リューギ ワゴンのベースモデルとなる「トヨタ・カローラアクシオ/カローラフィールダー」のマイナーチェンジに伴う変更となり、主に予防安全装備の充実が図られている。具体的な改良点は以下のとおり。

  • 駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに設定。リューギの「ハイブリッド」と「15DX」に標準装備、「15ST」にオプション設定。リューギ ワゴンにオプション設定。
  • 全車に予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」を標準装備。
  • スマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大。リューギのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。リューギ ワゴンのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。
  • アクセルペダルを踏まずに定速走行ができるクルーズコントロールを新設定。ハイブリッドに標準装備。
  • 新しいボディーカラーを設定。リューギには全6色中2色(クールボルドーガラスフレークとアバンギャルドブロンズメタリック)、リューギ ワゴンには全7色中1色(クールボルドーガラスフレーク)の新色を用意。
  • シートのカラーと生地の変更。リューギ15STのシート色をブラックに変更し、質感を向上させた。

車両価格は、リューギが223万3000円~314万円、リューギ ワゴンが253万0440円~345万0600円。

(webCG)

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ リューギ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
  • 「レクサスRX」も交えた三角関係!? トヨタの「ハリアー」と「RAV4」はどこがちがう? 2020.5.11 デイリーコラム プラットフォームやパワーユニットを共有するミドルサイズSUVながら、2019年、2020年と立て続けに投入されたトヨタの「RAV4」と「ハリアー」。クルマとしての性質のちがいを解説する。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る