ミツオカ、「リューギ」シリーズをマイナーチェンジ

2017.11.09 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大

光岡自動車は2017年11月9日、ミディアムクラス「リューギ/リューギ ワゴン」にマイナーチェンジを施して発表した。同年11月10日に発売する。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「リューギ」のインテリア。
「リューギ」のインテリア。拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 
「ミツオカ・リューギ ワゴン」 拡大

全車に「Toyota Safety Sense C」を標準装備

今回のマイナーチェンジは、リューギ/リューギ ワゴンのベースモデルとなる「トヨタ・カローラアクシオ/カローラフィールダー」のマイナーチェンジに伴う変更となり、主に予防安全装備の充実が図られている。具体的な改良点は以下のとおり。

  • 駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに設定。リューギの「ハイブリッド」と「15DX」に標準装備、「15ST」にオプション設定。リューギ ワゴンにオプション設定。
  • 全車に予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」を標準装備。
  • スマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大。リューギのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。リューギ ワゴンのハイブリッドに標準装備、15DXにオプション設定。
  • アクセルペダルを踏まずに定速走行ができるクルーズコントロールを新設定。ハイブリッドに標準装備。
  • 新しいボディーカラーを設定。リューギには全6色中2色(クールボルドーガラスフレークとアバンギャルドブロンズメタリック)、リューギ ワゴンには全7色中1色(クールボルドーガラスフレーク)の新色を用意。
  • シートのカラーと生地の変更。リューギ15STのシート色をブラックに変更し、質感を向上させた。

車両価格は、リューギが223万3000円~314万円、リューギ ワゴンが253万0440円~345万0600円。

(webCG)

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ、「リューギ」シリーズをマイナーチェンジ 2017.11.9 自動車ニュース 光岡自動車は2017年11月9日、同社のミディアムクラス「リューギ/リューギ ワゴン」にマイナーチェンジを施して発表した。発売は同年11月10日。全車で「Toyota Safety Sense C」を標準装備とした。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • 第106回:フェラーリ並みのオプション地獄 2018.10.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第106回は「フェラーリ並みのオプション地獄」。ディーラー試乗車の「ホンダN-BOX」、筆者がその価格表を見て知った驚愕の事実とは? 今、日本で一番売れている“国民車”、その実態に迫る。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
ホームへ戻る