「ミツオカ・リューギ」に特別な内外装の限定車

2017.06.21 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ モダン」
「ミツオカ・リューギ モダン」拡大

光岡自動車は2017年6月21日、中型セダン「リューギ」の特別仕様車「リューギ モダン」を発表した。6月21日から12月25日までの期間限定で販売する。

 
「ミツオカ・リューギ」に特別な内外装の限定車の画像拡大
 
「ミツオカ・リューギ」に特別な内外装の限定車の画像拡大
 
「ミツオカ・リューギ」に特別な内外装の限定車の画像拡大
 
「ミツオカ・リューギ」に特別な内外装の限定車の画像拡大

今回のリューギ モダンは、専用仕立ての内外装が与えられた特別仕様車。シックな3色のボディーカラー(モダングレー、モダンレッド、モダンホワイト)が用意されるほか、メッキモールや専用エンブレムでドレスアップされている。

インテリアは、座面と背もたれの中央に立体的なストライプ生地を用いたダークレッドの本革シートが特徴。さらに、レッドの加飾パネル、本革製のアームレストが備わる。

リューギ モダンの特別装備は、以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(モダングレー、モダンレッド、モダンホワイト)
  • 専用サイドメッキモール
  • 専用エンブレム(トランクフード部)
  • 専用七宝焼グリルバッジ
  • 専用リアエンブレム
  • 専用刺しゅう入りレザーシート
  • 専用インテリア加飾パネル(レッド)
  • 専用レザーアームレスト

またオプションとして、専用16インチアルミホイールおよびタイヤが用意される。

価格は、「15ST」(FF/5MT)の274万5000円から「ハイブリッド」(FF/CVT)の389万3400円まで。

(webCG)

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る