「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上

2017.11.15 自動車ニュース

日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。

日産の高級セダンであるフーガは、「セドリック/グロリア」の後継車種として、2004年10月に初代がデビュー。2009年11月にフルモデルチェンジを受け、現行型へとスイッチした。2.5リッターおよび3.7リッターのV6エンジン、そして3.5リッターV6エンジン+電気モーターのハイブリッドシステムと、全3種類のパワーユニットをラインナップする。

今回の仕様変更では、フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用。静粛性の向上を図っている。

価格は「250GT Aパッケージ」の419万3640円から、「ハイブリッドVIP」の683万5320円まで。

(webCG)

「日産フーガハイブリッド」
「日産フーガハイブリッド」拡大

関連キーワード:
フーガ, 日産, 自動車ニュース

日産 フーガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • 「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上 2017.11.15 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性の向上を図っている。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る