スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場

2017.11.17 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション」
「ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月17日、「ランドローバー・レンジローバー」に特別仕様車「SVOデザインエディション」を15台の台数限定で設定し、同日、予約受け付けを開始した。

 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大
 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大
 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大
 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大
 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大
 
スペシャルな外装の「レンジローバーSVOデザインエディション」登場の画像拡大

レンジローバーSVOデザインエディションは、ランドローバーのハイパフォーマンスモデルやビスポークオーダーを専門に手がける、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)による専用デザインパーツを装備した特別仕様車である。ベースモデルは「レンジローバー ヴォーグ」で、3リッターV6ディーゼルターボエンジン(258ps/600Nm)搭載モデルと、5リッターV8ガソリンスーパーチャージドエンジン(510ps/625Nm)搭載モデルにそれぞれ設定される。

エクステリアでは、フロントバンパーやサイドベント、グリル、サイドシルクラディングにSVOデザインパックのパーツを採用したほか、「サントリーニブラック」のコントラストルーフや21インチの「スタイル901アロイホイール」も装備した。ボディーカラーは「ユーロンホワイト」のみを設定している。

安全装備の強化も図っており、縦列駐車や並列駐車などを支援する「アドバンスドパークアシスト」や、レーンキープアシストとドライバーコンディションモニターからなる「ドライブプロパック」、歩行者検知機能付きの自動緊急ブレーキ、ブラインドスポットアシストなどが備わる。

このほか、自動的に展開・収納して乗降をサポートする「ディプロイアブル・サイドステップ」に加えて、新たに通信機能が追加されたインフォテインメントシステム「Incontrol Touch Pro」も装備する。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • SVOデザインパック
  • ディプロイアブル・サイドステップ
  • サントリーニブラック・コントラストルーフ
  • ブラックパック
  • アドバンスドパークアシスト(縦列駐車・出庫、並列駐車支援システム)
  • ドライブプロパック
  • ブラインドスポットアシスト
  • 360度パークディスタンスコントロール
  • InControlプロテクト
  • InControlコネクトプロパック
  • フロントフォグライト
  • スライディングパノラミックルーフ(サンブラインド付き、電動開閉)
  • 21インチ スタイル901アロイホイール(9スポーク、グロスブラックフィニッシュ)
  • フルサイズスペアアロイホイール
  • フロント/リアウイングドヘッドレスト(4ウェイ)

価格は3リッターV6ディーゼルモデルが1721万6003円(限定5台)、5リッターV8ガソリンスーパーチャージドモデルが1931万9003円(同10台)。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めに 2019.6.5 自動車ニュース 英ランドローバーは2019年6月4日(現地時間)、新型「ランドローバー・ディフェンダー」開発における、最終フィールドテストの様子を公開した。今回の試走により、新型ディフェンダーの走行性能の高さが実証できたという。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る