「トヨタ・ヴォクシー」に、シルバーを効かせた特別仕様車

2017.11.24 自動車ニュース
「トヨタ・ヴォクシーZS”煌”」
「トヨタ・ヴォクシーZS”煌”」拡大

トヨタ自動車は2017年11月24日、ミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「ZS”煌(きらめき)”」を設定し、販売を開始した。

メッキでドレスアップされたフロントまわり。
メッキでドレスアップされたフロントまわり。拡大
「ヴォクシーZS”煌”」では、リモコンドアミラーもメッキで飾られる。
「ヴォクシーZS”煌”」では、リモコンドアミラーもメッキで飾られる。拡大
ピアノブラック塗装が施された、センタークラスターパネル。
ピアノブラック塗装が施された、センタークラスターパネル。拡大

今回の特別仕様車はヴォクシーの上級グレード「ZS」のガソリン車、およびハイブリッド車をベースに、随所にメッキ装飾を配することで「クールな印象を際立たせた」というモデル。

ボディーカラーには「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラック」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」「イナズマスパーキングガラスフレーク」「ボルドーマイカメタリック」の全5色を設定している。

特別装備の内容は以下の通り。

  • フードモール下部:メッキ
  • アウトサイドドアハンドル:メッキ
  • バックドアガーニッシュ(車名ロゴ):ダークスモーク塗装
  • UVカットグリーンガラス(フロントドア):スーパーUVカット・IRカット機能+はっ水機能付き
  • UVカット機能付きプライバシーガラス(スライドドア・リアクオーター):スーパーUVカット機能付き
  • オード電動格納式リモコンドアミラー(サイドターンランプ+助手席側アスフェリカルミラー付き):メッキ
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き):ブラック(レンズカバー)
  • LEDクリアランスランプ:メッキエクステンション
  • センタークラスターパネル:ピアノブラック塗装+シルバー塗装
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー):シルバー塗装(フード)
  • インサイドドアハンドル(フロント・リア):メッキ
  • LEDルームランプ(フロントパーソナル・センター・リア)
  • リアオートエアコン(リアクーラー+リアヒーター)
  • ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付き)
  • 6スピーカー

価格は以下の通り。

  • ガソリン車・FF・8人乗り:283万9320円
  • ガソリン車:FF・7人乗り:286万9560円
  • ガソリン車・4WD・8人乗り:303万3720円
  • ガソリン車・4WD・7人乗り:306万3960円
  • ハイブリッド車・FF・7人乗り:336万3120円

(webCG)

関連キーワード:
ヴォクシー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴォクシー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
ホームへ戻る