スズキ・スイフトにアイドリングストップ搭載車

2011.08.25 自動車ニュース

スズキ、「スイフト」にアイドリングストップ搭載車を追加し発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」にアイドリングストップシステム搭載グレードを追加設定し、2011年9月13日に発売する。

今回ラインナップに加わるのは、「XG」、「XL」グレードにアイドリングストップシステムを搭載した「XG アイドリングストップ」、「XL アイドリングストップ」の2モデル。

アイドリング中の無駄な燃料消費をなくすことで、10・15モードで25.0km/リッター(ベース車+2.0km/リッター)、JC08モードで21.8km/リッター(ベース車+1.2km/リッター)の低燃費を実現した。また、車両の安定走行を補助するESPを標準装備し、坂道などでアイドリングストップシステムが作動した際に後退するのを抑制する、ヒルホールドコントロール機能を持たせた。

価格は「XG アイドリングストップ」が133万8750円、「XL アイドリングストップ」が141万2250円。

(webCG)

関連キーワード:
スイフト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スイフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
ホームへ戻る