ダイハツが「ウェイク」に「スマートアシストIII」を搭載

2017.12.01 自動車ニュース

ダイハツ工業は2017年11月30日、軽乗用車「ウェイク」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、検知対象を歩行者にも拡大した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」と、リアのコーナーセンサーを主要グレードに標準装備とした。

また、車両を真上から見下ろしたような映像で周囲を確認できる「パノラマモニター」をオプション設定した。

価格は135万円~184万1400円。

(webCG)

「ダイハツ・ウェイクGターボ“レジャーエディションSAIII”」
「ダイハツ・ウェイクGターボ“レジャーエディションSAIII”」拡大

関連キーワード:
ウェイク, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ウェイク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
ホームへ戻る