第105回:N-BOXは怪獣だ

2018.10.02 カーマニア人間国宝への道

N-BOXをディーラーでプチ検証

日本一売れていて、現時点では事実上の国民車である「ホンダN-BOX」。その実像をプチ検証すべく、私は近所のホンダディーラーに出撃した。

平日の午前中だというのに、店内にはチラホラと客がいる。むこうのテーブルのおじいさんは、お茶を飲みながら新聞を読んでいる。

以前「トヨタ・アクア」に乗っていた時も、ディーラーの接客スペースでお茶を飲みながら新聞を読んでいるご老人を何度か拝見したが、あれは何をしているのだろう。

確かにお客さまではあるのだろうが、歩いて来られる距離にお住まいで、散歩がてら毎日のようにやってきては、お茶を出してもらって新聞を読んで帰るのではないかなどと勝手に想像していたが、どうなのだろう。

それともフツーに整備待ちとかなのだろうか? あまり国産新車ディーラーと縁のない人生を歩んできたので、いまだに新鮮な光景だ。

「あの~、N-BOXの試乗車はありますか」

そんな感じでフツーにリクエストしたところ、営業マン氏は「ターボがあります!」と、ほがらかに応えてくれた。ホントはノンターボのほうが売れてるのでそっちに乗りたかったが、元気に「ターボがあります!」と言われたら、男として引き下がれない。「よっしゃぁ、『F40』なみにブーストかけまくったるぜ!」ではなく、「あ、それでお願いします」と答えた私だった。

近所のホンダディーラーで試乗した「N-BOXカスタム」。
近所のホンダディーラーで試乗した「N-BOXカスタム」。拡大
ホンダディーラーで出してもらったアイスティー。
ホンダディーラーで出してもらったアイスティー。拡大
筆者が以前所有していた「トヨタ・アクア」。
筆者が以前所有していた「トヨタ・アクア」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る