ダイハツが軽トールワゴンの「ウェイク」を一部改良

2016.05.18 自動車ニュース
「ダイハツ・ウェイクGターボ“レジャーエディションSA II”」 ボディーカラーは新色の「フレッシュグリーンメタリック」
「ダイハツ・ウェイクGターボ“レジャーエディションSA II”」 ボディーカラーは新色の「フレッシュグリーンメタリック」。 拡大

ダイハツ工業は2016年5月17日、トールワゴンタイプの軽乗用車「ウェイク」に一部改良を実施し、販売を開始した。

黒いフロントガーニッシュが用いられた「D“SA II”」。
黒いフロントガーニッシュが用いられた「D“SA II”」。 拡大
新色の「パールホワイトIII×ミストブルーマイカメタリック」。
新色の「パールホワイトIII×ミストブルーマイカメタリック」。 拡大
Gターボ“SAII”」のインストゥルメントパネルまわり。
「Gターボ“SAII”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
Gターボ“SAII”」のシート。
「Gターボ“SAII”」のシート。 拡大
イージーケアフロア(荷室)
イージーケアフロア(荷室) 拡大
荷室床面フック
荷室床面フック 拡大
マット付き大型インパネトレイ
マット付き大型インパネトレイ 拡大
Gターボ“レジャーエディションSA II”」の15インチアルミホイール。
「Gターボ“レジャーエディションSA II”」の15インチアルミホイール。 拡大

■カラーバリエーションを14種類に拡大

今回の改良では、内外装デザインの一部を変更。エクステリアでは「D」「D“SA II”」「L“SA II”」ではブラックの、「Gターボ“SA II”」ではメッキの新しいフロントフードガーニッシュを採用したほか、フロント/リアバンパーガーニッシュをボディーと同色に塗装。また、フロントフォグランプを標準装備とした。

このほかにも、D、D“SA II”、L“SA II”にはオプションとして新たにLEDヘッドランプやLEDフォグランプからなる「LEDスタイルパック」を設定。ボディーカラーには新たに「ミストブルーマイカメタリック」「フレッシュグリーンメタリック」を採用したほか、ルーフなどを白で塗り分けるツートンカラー仕様の設定を5色に拡大。これにより、エクステリアのカラーバリエーションは全14種類となった。

一方インテリアでは、オーディオパネルとカップホルダーに「プレミアムシャインシルバー」の、センタークラスターに「プレミアムシャインブラック」の装飾パネルを採用(「D」「D“SA II”」では「ブラック」)している。

■レジャーに便利な新グレードを追加

機能や装備の強化も図っており、運転支援システムの「スマートアシストII」については衝突回避支援ブレーキ機能の作動範囲を拡大したほか、車線逸脱警報機能を追加。また衝突警報機能については、歩行者も検知するようになった。

またパワースライドドアのクローズ中に電子キーの「施錠」ボタンを押すことで、ドアクローズ後に自動で施錠が行われる「パワースライドドア予約ロック機能」を新採用。また「リアパーソナルランプ」を全車標準装備としたほか、オプションの「ドライビングサポートパック」に、登坂路や高速道路での合流、追い越しなどの際に、手元のボタンでCVTの制御を「パワーモード」に切り替えられる「Dアシスト」機能を追加した。

ラインナップも強化しており、新グレードとしてレジャーユースでの利便性を高めた「L“レジャーエディションSA II”」「Gターボ“レジャーエディションSA II”」を設定。両グレードには以下の装備が標準で採用されている。

・イージーケアフロア(防水の樹脂製フロア)
・上下2段調節式デッキボード
・ユーティリティーフック
・荷室床面フック
・固定ベルト
・LEDフロントパーソナルランプ
・LEDリアパーソナルランプ
・LEDラゲッジルームランプ
・LEDバックドアランプ
・マット付き大型インパネトレイ(助手席)
・マット付きインパネセンタートレイ
・15インチ専用アルミホイール(Gターボ“レジャーエディションSA II”)のみ。

価格は135万円~184万1400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウェイク, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ウェイク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る