「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車

2017.12.04 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーFリミテッドII」
「スズキ・ハスラーFリミテッドII」拡大

スズキは2017年12月4日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「FリミテッドII」「JスタイルIII」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
「ハスラーJスタイルIII」
「ハスラーJスタイルIII」拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大

FリミテッドIIとJスタイルIIIは、専用の装飾パーツによってコーディネートされた内外装と、充実した装備が特徴の特別仕様車である。

FリミテッドIIは中間グレードの「G」を、JスタイルIIIは上級グレードの「X」「Xターボ」をベースとしており、ともに「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能からなる運転支援システムが標準装備される。またFリミテッドIIにはオプションとして、JスタイルIIIには標準で、デュアルカメラブレーキサポートと誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能が搭載されるほか、両モデルともに全方位モニター用カメラパッケージがオプションで用意されている。

内外装については、FリミテッドIIには車体色と同色の前後バンパーガーニッシュやネイビーのシート表皮などを、JスタイルIIIにはスモークメッキを施したフロントグリルや、ルーフレール、チタンシルバーをアクセントとしたネイビー色のインストゥルメントパネル、レザー調素材とファブリックのコンビシートなどを採用。ボディーカラーはFリミテッドIIが4色、JスタイルIIIが7色の設定で、前者には「スチールシルバー2トーンルーフ」が、後者にはスチールシルバー2トーンルーフと「ブラック2トーンルーフ」が設定されている。

価格は以下の通り。

  • FリミテッドII(FF):143万1000円
  • FリミテッドII(4WD):155万7360円
  • JスタイルIII(FF):158万4360円
  • JスタイルIII(4WD):171万0720円
  • JスタイルIIIターボ(FF):167万8320円
  • JスタイルIIIターボ(4WD):180万4680円

(webCG)
 

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • 「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「ワンダラー」発売 2018.11.1 自動車ニュース スズキは2018年11月1日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定し、同年11月15日に発売すると発表した。あわせて、ハスラーの各グレードについても、一部仕様変更を行っている。
ホームへ戻る