「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車

2017.12.04 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーFリミテッドII」
「スズキ・ハスラーFリミテッドII」拡大

スズキは2017年12月4日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「FリミテッドII」「JスタイルIII」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
「ハスラーJスタイルIII」
「ハスラーJスタイルIII」拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」にデザインと装備が魅力の特別仕様車の画像拡大

FリミテッドIIとJスタイルIIIは、専用の装飾パーツによってコーディネートされた内外装と、充実した装備が特徴の特別仕様車である。

FリミテッドIIは中間グレードの「G」を、JスタイルIIIは上級グレードの「X」「Xターボ」をベースとしており、ともに「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能からなる運転支援システムが標準装備される。またFリミテッドIIにはオプションとして、JスタイルIIIには標準で、デュアルカメラブレーキサポートと誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能が搭載されるほか、両モデルともに全方位モニター用カメラパッケージがオプションで用意されている。

内外装については、FリミテッドIIには車体色と同色の前後バンパーガーニッシュやネイビーのシート表皮などを、JスタイルIIIにはスモークメッキを施したフロントグリルや、ルーフレール、チタンシルバーをアクセントとしたネイビー色のインストゥルメントパネル、レザー調素材とファブリックのコンビシートなどを採用。ボディーカラーはFリミテッドIIが4色、JスタイルIIIが7色の設定で、前者には「スチールシルバー2トーンルーフ」が、後者にはスチールシルバー2トーンルーフと「ブラック2トーンルーフ」が設定されている。

価格は以下の通り。

  • FリミテッドII(FF):143万1000円
  • FリミテッドII(4WD):155万7360円
  • JスタイルIII(FF):158万4360円
  • JスタイルIII(4WD):171万0720円
  • JスタイルIIIターボ(FF):167万8320円
  • JスタイルIIIターボ(4WD):180万4680円

(webCG)
 

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
ホームへ戻る