ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生

2017.12.05 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウルス」
「ランボルギーニ・ウルス」拡大

伊ランボルギーニは2017年12月4日(現地時間)、SUV「ランボルギーニ・ウルス」を発表した。

 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大
 
ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」誕生の画像拡大

650psの4リッターV8ツインターボ搭載

ウルスは「世界初のスーパーSUV」とうたわれる、ランボルギーニの高性能SUV。「快適な乗り心地、高い地上高、ラグジュアリーな室内空間を実現し、街中での運転のしやすさ、長距離ドライブでの快適性、一般道とサーキットでのスリリングなスーパースポーツカーのダイナミクス、さまざまな環境でのオフロード性能を提供する」とアピールされる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5112×2016(サイドミラー除く)×1638mmで、ホイールベースは3003mm。最低地上高は、エアサスペンションにより158~248mmの間で変化する。車重は2200kg以下と公表される。

エクステリア同様、六角形をテーマにデザインされたキャビンは、定員5人。スライド機構が備わるリアシートを折りたたむことにより、標準で616リッターの荷室容量を1596リッターにまで拡大できる。

パワーユニットは、最高出力650ps/6000rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。ミドシップのスーパーカーであるほかのランボルギーニ車と異なり、フロントに搭載される。トランスミッションは8段ATのみで、駆動方式は4WDである。

走行モードはSTRADA、SPORT、CORSA、NEVE(雪上)の4種類が用意されており、オプションでTERRA(オフロード)モードと SABBIA(砂漠)モードも選択可能。コーナリング性能を高める「アクティブ・トルク・ベクタリング」に加えて、低速には前後輪を逆方向にステアさせて小回り性を向上させ、高速時には同位相に動かすことで安定性と乗り心地を高める「リアホイールステアリング」も装備される。

ウルスが0-100km/h加速に要する時間は3.6秒。最高速度は305km/hで、欧州複合モードの燃費値は12.7リッター/100km(約7.8km/リッター)となっている。

デリバリーの開始時期は、2018年の春が予定されている。日本市場における価格は、2574万円(税別)だ。

(webCG)

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 今夏から渋滞時の“手放し運転”が解禁に
    BMWの「ハンズ・オフ機能」を解説する
    2019.5.3 デイリーコラム BMWジャパンが2019年夏に「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を備えた車両を導入すると明らかにした。いわゆる“手放し運転”を実現した技術的背景と、特殊な道路事情を抱えた日本に適合させた、同社の取り組みについて解説する。
  • 「ポルシェ・カイエンクーペ」の予約受注がスタート 2019.4.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年4月22日、同年3月21日に本国ドイツデビューした新型SUV「カイエンクーペ」の日本での価格を発表するとともに、予約受注を開始した。導入されるのは「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の右ハンドル仕様2モデルとなる。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る