フェラーリ、「458スパイダー」を出展【フランクフルトショー2011】

2011.08.24 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】フェラーリ、「458スパイダー」を出展

伊フェラーリは、ミドシップスポーツカー「458イタリア」のオープンモデル「458スパイダー」を、2011年9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーに出展すると発表した。

■初のミドシップ×リトラクタブル・ハードトップ

「458スパイダー」は、フェラーリのミドシップ車では初となるフルリトラクタブル ハードトップを採用したオープンモデル。ルーフはアルミニウム製で、従来のソフトトップを採用するシステムより、25kg軽く仕上がっているという。

14秒で開閉可能なハードトップは、車両のエアロダイナミクスやパフォーマンスを犠牲にすることのないように入念にデザインされたもの。車両後部では、大きく膨らんだ「バットレス」がデザイン上のアクセントとなっている。これはエンジン吸気口やギアボックス・オイルラジエターに空気を導く役割も担う。

オープントップでの走行に対応する装備としては、「可変式電動ウインドストッパー」が用意される。これによりコクピット内への風の侵入が大幅に低減され、乗員は時速200kmを超えるスピードでも普通に会話ができるという。また、アクセルペダルのマッピングやサスペンションの減衰力、エキゾーストサウンドもオープン化に合わせたセッティングが施されている。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4527×1937×1211mmで、全高が2mm低いことをのぞけば、458イタリアと同じ。車重は458イタリアよりも50kg重い1430kgとなっている。

エンジンは、458イタリアと同じ4.5リッターV8直噴ユニット(最高出力570ps、最大トルク55.1kgm)を搭載。トランスミッションは、デュアルクラッチ式7段F1を採用する。320km/h以上とうたわれる最高速度は458イタリアを5km/h下回るものの、3.4秒以下とされる0-100km/h加速タイムは同等だ。

(webCG 曽宮)

「フェラーリ458スパイダー」
「フェラーリ458スパイダー」 拡大
 
フェラーリ、「458スパイダー」を出展【フランクフルトショー2011】の画像 拡大
 
フェラーリ、「458スパイダー」を出展【フランクフルトショー2011】の画像 拡大
 
フェラーリ、「458スパイダー」を出展【フランクフルトショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
458スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 458スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る