三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」

2017.12.21 自動車ニュース
「三菱eKカスタム アクティブギア」
「三菱eKカスタム アクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年12月21日、軽乗用車「eKカスタム」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。

 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大

アクティブギアはアウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れた特別仕様車であり、各所に施されたオレンジのアクセントを特徴とする。すでに「デリカD:5」「アウトランダー」「RVR」に設定されており、今回のeKカスタム アクティブギアはシリーズの第4弾モデルとなる。

予防安全技術の「e-Assist」やオートマチックハイビーム、「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)」を標準装備した「Tセーフティーパッケージ」をベースに、フロントグリル内のラインとLEDターンランプ付き電動格納式ドアミラーにオレンジを、15インチアルミホイールにはブラックを採用している。フロントバンパーやサイドスポイラー、テールゲート、ルーフスポイラーには「ACTIVE GEAR」のデカールが施される。

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」と「ホワイトパール」(有償色:2万1600円)の2色展開で、いずれもルーフにブラックマイカを組み合わせた専用の2トーンカラーとなる。

インテリアでは、本革巻きのステアリングホイールにアクセントとしてオレンジのステッチが施される。

さらに、「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカールと専用のフロアマット(ブラック&オレンジ)からなる専用パッケージ「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」を、ディーラーオプションとして設定している。

価格はFF車が165万9960円、4WD車が176万6880円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKカスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • ダイハツ・タントカスタム プロトタイプ(FF/CVT)/タント プロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.8 試乗記 ダイハツが「DNGA」と称する次世代のクルマづくり技術を総動員して開発した新型「タント」。プラットフォーム、エンジン、トランスミッションと、従来モデルからすべてが刷新された新しいトールワゴンは、軽の新時代を感じさせる見事な仕上がりとなっていた。
ホームへ戻る