三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」

2017.12.21 自動車ニュース
「三菱eKカスタム アクティブギア」
「三菱eKカスタム アクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年12月21日、軽乗用車「eKカスタム」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。

 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大

アクティブギアはアウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れた特別仕様車であり、各所に施されたオレンジのアクセントを特徴とする。すでに「デリカD:5」「アウトランダー」「RVR」に設定されており、今回のeKカスタム アクティブギアはシリーズの第4弾モデルとなる。

予防安全技術の「e-Assist」やオートマチックハイビーム、「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)」を標準装備した「Tセーフティーパッケージ」をベースに、フロントグリル内のラインとLEDターンランプ付き電動格納式ドアミラーにオレンジを、15インチアルミホイールにはブラックを採用している。フロントバンパーやサイドスポイラー、テールゲート、ルーフスポイラーには「ACTIVE GEAR」のデカールが施される。

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」と「ホワイトパール」(有償色:2万1600円)の2色展開で、いずれもルーフにブラックマイカを組み合わせた専用の2トーンカラーとなる。

インテリアでは、本革巻きのステアリングホイールにアクセントとしてオレンジのステッチが施される。

さらに、「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカールと専用のフロアマット(ブラック&オレンジ)からなる専用パッケージ「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」を、ディーラーオプションとして設定している。

価格はFF車が165万9960円、4WD車が176万6880円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱、ピックアップトラック「トライトン」の新型発表を予告
    2018.10.15 自動車ニュース 三菱自動車は2018年10月15日、1tピックアップトラックの新型「トライトン」および「L200」を、同年11月9日に初公開すると発表した。初代モデル以来の開発思想「Engineered Beyond Tough」に基づき、真のタフさを追求したという。
ホームへ戻る