三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」

2017.12.21 自動車ニュース
「三菱eKカスタム アクティブギア」
「三菱eKカスタム アクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年12月21日、軽乗用車「eKカスタム」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。

 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大
 
三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」の画像拡大

アクティブギアはアウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れた特別仕様車であり、各所に施されたオレンジのアクセントを特徴とする。すでに「デリカD:5」「アウトランダー」「RVR」に設定されており、今回のeKカスタム アクティブギアはシリーズの第4弾モデルとなる。

予防安全技術の「e-Assist」やオートマチックハイビーム、「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)」を標準装備した「Tセーフティーパッケージ」をベースに、フロントグリル内のラインとLEDターンランプ付き電動格納式ドアミラーにオレンジを、15インチアルミホイールにはブラックを採用している。フロントバンパーやサイドスポイラー、テールゲート、ルーフスポイラーには「ACTIVE GEAR」のデカールが施される。

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」と「ホワイトパール」(有償色:2万1600円)の2色展開で、いずれもルーフにブラックマイカを組み合わせた専用の2トーンカラーとなる。

インテリアでは、本革巻きのステアリングホイールにアクセントとしてオレンジのステッチが施される。

さらに、「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカールと専用のフロアマット(ブラック&オレンジ)からなる専用パッケージ「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」を、ディーラーオプションとして設定している。

価格はFF車が165万9960円、4WD車が176万6880円。

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKカスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る