【東京オートサロン2018】日産が「セレナAUTECH」を発売

2018.01.12 自動車ニュース
「日産セレナAUTECH」
「日産セレナAUTECH」拡大

日産自動車および同社の関連会社であるオーテックジャパンは2018年1月12日、千葉県の幕張メッセで1月14日まで開催中のカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」の会場において、「日産セレナ」のカスタムカー「セレナAUTECH」と、「日産エルグランド」の特別仕様車「エルグランド ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」を披露した。

新たなサブブランドとして誕生したAUTECHは、NISMOよりも“大人向け”の、プレミアムスポーティーを志向する。
新たなサブブランドとして誕生したAUTECHは、NISMOよりも“大人向け”の、プレミアムスポーティーを志向する。拡大
走行性能にも手が入れられた「セレナAUTECHスポーツスペック」は、「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を履きこなす。
走行性能にも手が入れられた「セレナAUTECHスポーツスペック」は、「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を履きこなす。拡大
「セレナAUTECH」とともに出展された「ノートe-POWER AUTECHコンセプト」。アナウンスはされなかったが、第2、第3のAUTECHモデルとして発売されるのだろうか。
「セレナAUTECH」とともに出展された「ノートe-POWER AUTECHコンセプト」。アナウンスはされなかったが、第2、第3のAUTECHモデルとして発売されるのだろうか。拡大
同じく「エクストレイルAUTECHコンセプト」も展示されていた。
同じく「エクストレイルAUTECHコンセプト」も展示されていた。拡大

プレミアムスポーティー志向のAUTECH

日産の新たなサブブランドとして、2017年11月に発表されたAUTECH。日産のレース活動のイメージを色濃く受け継ぎピュアスポーツを志向するNISMOに対し、AUTECHはカスタムカーづくりによって蓄積されたクラフトマンシップを重視したという、よりプレミアムスポーティー志向のブランドだ。

その第1弾として投入されたのがセレナAUTECHである。「セレナX」をベースに、フロントグリルやフロントエアロバンパーなどに専用パーツを装備したほか、これらのパーツの一部にメタリックシルバー塗装を施すことで上質さと先進性を表現している。ボディーカラーは2トーンカラーを含めて全8種が設定される。

インテリアには、AUTECHのアイコニックカラーであるブルーが随所にあしらわれる。シートはクリスタルスエード仕様のほか、セレナのラインナップでは唯一となる本革仕様も用意される。

また、ハンドリングや加速感をチューニングしたグレード「セレナAUTECHスポーツスペック」も設定される。同モデルには、サスペンションチューニングやボディー補強に加えて、専用コンピューターや専用マフラーを装着するなど、「セレナNISMO」に準ずるチューニングが施される。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • AUTECH専用エクステリア(フロントグリル、フロントエアロバンパー、フロントプロテクター<メタル調フィニッシュ>、 サイドシルプロテクター、リアバンパー、リアプロテクター<メタル調フィニッシュ>、AUTECH専用エンブレム)
  • 専用テールフィニッシャー&専用マフラー 
  • LEDヘッドランプ 
  • LEDフォグランプ
  • 専用LEDリアコンビネーションランプ(クリアライナータイプ)
  • サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • AUTECH専用インテリア(クリスタルスエードシート「AUTECH」刺しゅう<ブルーステッチ>、スエード調ドアトリム、スエード調インストパッド<ブルーステッチ>)
  • 専用本革巻き3本スポークステアリング(ブルーステッチ)
  • ピアノ調パワーウィンドウスイッチフィニッシャー
  • 専用センタークラスターエンブレム
  • 195/60R16 89Hタイヤ&専用16インチアルミロードホイール(FF車)
  • 195/65R15 91Sタイヤ&専用15インチアルミロードホイール(4WD車)

【セレナAUTECHスポーツスペックのみの特別装備】

  • 205/50ZR17 93Yタイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ4)&専用17インチダークグラファイトフィニッシュアルミロードホイール
  • 専用ボディー補強・専用サスペンション・専用チューニングコンピューター
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング・専用VDC
  • 専用テールフィニッシャー&専用マフラー

【オーテック扱いオプション】

  • AUTECH専用本革インテリア(本革シート「AUTECH」刺しゅう<ブルーステッチ>、レザー調ドアトリム、レザー調インストパッド<ブルーステッチ>)


価格はセレナAUTECHが298万5120円(FF車)/321万8400円(4WD車)、セレナAUTECHスポーツスペック(FF車)が356万7240円で、2018年2月1日に発売となる。

「日産エルグランド ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
「日産エルグランド ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」拡大
足元を飾るダークグラファイトフィニッシュの18インチアルミホイールなど、黒を強調したスタイリングを特徴としている。
足元を飾るダークグラファイトフィニッシュの18インチアルミホイールなど、黒を強調したスタイリングを特徴としている。拡大
プレミアムタンレザーシートの表皮は、「日産GT-R」のシートと同じものを採用する。
プレミアムタンレザーシートの表皮は、「日産GT-R」のシートと同じものを採用する。拡大
写真中央は、タレントにしてKondo Racingの監督でもある近藤真彦さん。エルグランドは、本日のようなラフな服装でも、スーツのようなかっちりとした服装でも、どちらでもかっこよく乗れるところがいいと語った。
写真中央は、タレントにしてKondo Racingの監督でもある近藤真彦さん。エルグランドは、本日のようなラフな服装でも、スーツのようなかっちりとした服装でも、どちらでもかっこよく乗れるところがいいと語った。拡大
日産ブースの様子。
日産ブースの様子。拡大

漆黒を意味するジェットブラック

一方のエルグランド ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムは、漆黒フロントグリルや漆黒フォグランプフィニッシャー、ダークグラファイトフィニッシュの18インチアルミホイールといった、黒を強調したスタイリングを特徴とする特別仕様車である。

インテリアでは、表皮に「日産GT-R」のシートと同じ素材を使用したプレミアムタンレザーシートを装備するとともに、ドアトリムやステアリングホイール、シフトノブにタン色のステッチを採用。よりプレミアム感あふれる室内空間を目指したという。

さらに、「350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」では、アダプティブクルーズコントロール機能の「インテリジェント クルーズコントロール」やペダルの踏み間違いによる衝突を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付き)」、ディスプレイに真上から見下ろしたような映像を映すことで駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」なども装備する。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • 漆黒フロントグリル
  • 漆黒フォグランプフィニッシャー
  • ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール
  • 運転席・助手席パワーシート
  • 前席クイックコンフォートヒーター
  • プレミアムタンレザーシート
  • タン色ステッチ加飾ドアトリム
  • タン色ステッチ加飾本革巻き・木目調コンビステアリング
  • タン色ステッチ加飾本革巻きシフトノブ
  • グラデーションブラックメープルフィニッシャー
  • リモコンオートバックドア
  • リバース連動下向ドアミラー
  • パーソナルドライビングポジションメモリーシステム

【350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムのみの特別装備】

  • カーウィングスナビゲーションシステム
  • 後席エンターテインメントシステム(11インチ大型ワイドモニター)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター
  • インテリジェント クルーズコントロール
  • 踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付き)
  • インテリジェント ブレーキアシスト

価格は「250ハイウェイスターSジェットブラックアーバンクロム」が415万8000円(FF車)/444万9600円(4WD車)、「350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」が535万8960円(FF車)/565万0560円(4WD車)で、2018年2月26日に発売の予定。

プレスカンファレンスの会場には、タレントにしてKondo Racingの監督でもある近藤真彦さんが登場。実際にエルグランドのオーナーでもある近藤さんは、同車の男らしさあふれるエクステリアを気に入っていることや、高い遮音性による静かな室内空間、そして低重心設計がもたらす走行性能の高さを語るとともに、「おいくらなのかな?」と、新たな特別仕様車に対する購買意欲を示していた。

(webCG)

 

関連キーワード:
セレナ, エルグランド, 日産, 東京オートサロン2018, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「セレナ」をマイナーチェンジ デザインを一新し「全方位運転支援システム」を全車標準装備 2019.8.2 自動車ニュース 日産自動車は2019年8月1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。エクステリアデザインを変更したほか、「全方位運転支援システム」を全車で採用。新色を2色追加し、4種類のツートンカラーを含む全14色のボディーカラーを設定している。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る