【デトロイトショー2018】シボレー、フルサイズピックアップの「シルバラード」をモデルチェンジ

2018.01.25 自動車ニュース
デトロイトショー2018で初公開された新型「シボレー・シルバラード」。
デトロイトショー2018で初公開された新型「シボレー・シルバラード」。拡大

ゼネラルモーターズは米国・デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、シボレーブランドのフルサイズピックアップ「シルバラード」の新型を公開した。

ボディーはより大きく、荷台はより広くなった。
ボディーはより大きく、荷台はより広くなった。拡大
こちらはオフロード装備が装着された「シルバラードLTトレイルボス」。サスペンションが約5cmリフトアップされている。
こちらはオフロード装備が装着された「シルバラードLTトレイルボス」。サスペンションが約5cmリフトアップされている。拡大

さらに大きく、効率的に

全長は一番コンパクトなものでも5m超、仕様によっては6mオーバーのものすらあるフルサイズピックアップのシルバラード。5年ぶりにモデルチェンジを受け、通算4代目となる新型はさらに大きく立派になった。

ホイールベースは100mm、全長は41mm延長され、荷台の容量と室内の居住性が改善されている。“ショートボックス”と呼ばれる短い荷台の積載容量は約1784リッター。この数字は、同じカテゴリーのライバルと比較しておおむね20%大きいという。

一方、さまざまな軽量素材を用いることによって、ライバルと比較して、最大で204kg(クルーキャブ仕様のV8エンジン搭載車同士の場合)軽量化されているのも自慢だ。

エンジンとトランスミッションの組み合わせは全部で6種類。このなかには、気筒休止機構を備えた5.3リッターおよび6.2リッターV8ガソリンエンジンや、“デュラマックス”と呼ばれる新型3リッター直6ディーゼルターボエンジンも含まれる。

また、6.2リッターV8と3リッター直6ディーゼルには10段オートマチックトランスミッションやエンジンスタート/ストップシステムが搭載され、燃費のさらなる改善が図られている。

インディアナ州にあるフォートウェイン工場で生産され、顧客への納車は2018年の秋に始まる予定。

(webCG)

関連キーワード:
デトロイトショー2018, モーターショー, シボレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事