ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート

2018.01.26 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition(ファーストエディション)」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。

小型車向けの新たなプラットフォーム「CMA」を採用

ボルボXC40は、ボルボ初の都市型コンパクトSUVとうたわれる、「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つ新型車である。小型車向けの新たなプラットフォームである「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用している。

エントリーSUVでありながら、9インチのタッチパネルを採用したインフォテインメントシステム「センサス」や、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」など、「90シリーズ」やXC60と同等のものを採用。インテリセーフについては、上位車種には未実装の、オートブレーキ機能付きクロストラフィックアラートも備えている。

今回導入されるXC40 T5 AWD R-Designファーストエディションのパワートレインは、最高出力252psと最大トルク350Nmを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンに、8段ATを組み合わせたもの。駆動方式は4WDとなる。その他の装備や仕様などは明らかにされていない。

価格は559万円。ボルボ・カー・ジャパンでは、ファーストエディションの導入以降、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインナップを拡充し、順次発売する予定だという。

(webCG)

「ボルボXC40 T5 AWD R-Design」
「ボルボXC40 T5 AWD R-Design」拡大

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース