ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート

2018.01.26 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition(ファーストエディション)」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。

小型車向けの新たなプラットフォーム「CMA」を採用

ボルボXC40は、ボルボ初の都市型コンパクトSUVとうたわれる、「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つ新型車である。小型車向けの新たなプラットフォームである「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用している。

エントリーSUVでありながら、9インチのタッチパネルを採用したインフォテインメントシステム「センサス」や、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」など、「90シリーズ」やXC60と同等のものを採用。インテリセーフについては、上位車種には未実装の、オートブレーキ機能付きクロストラフィックアラートも備えている。

今回導入されるXC40 T5 AWD R-Designファーストエディションのパワートレインは、最高出力252psと最大トルク350Nmを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンに、8段ATを組み合わせたもの。駆動方式は4WDとなる。その他の装備や仕様などは明らかにされていない。

価格は559万円。ボルボ・カー・ジャパンでは、ファーストエディションの導入以降、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインナップを拡充し、順次発売する予定だという。

(webCG)

「ボルボXC40 T5 AWD R-Design」
「ボルボXC40 T5 AWD R-Design」拡大

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボXC40」にプラグインハイブリッドモデル登場 ボルボSUVのパワーユニットがすべて新世代に移行 2020.8.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年8月25日、コンパクトSUV「XC40」にプラグインハイブリッドモデルを設定するとともに、XC40およびミドルサイズSUV「XC60」、フラッグシップSUV「XC90」のパワートレインラインナップを一新し、同日、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る