クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)

輝きは増すばかり 2020.09.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。

流行の48Vマイルドハイブリッドを搭載

2018年の日本導入以来、すっかりボルボの顔になったコンパクトSUVのXC40。実際、日本でいま最も売れているのがこのXC40で、ここ数年のボルボの躍進や、世界的なコンパクトSUVブームを考えると、XC40のファンが今後ますます増えることは想像に難くない。

そんなXC40が、2020年8月にパワートレインを一新し、“電動化”、すなわち全車に電気モーターが搭載されることになった。具体的には、プラグインハイブリッドモデルの「リチャージプラグインハイブリッド」をラインナップに加えるとともに、ガソリンエンジン車には、48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載。さらに遅れてバッテリーEVの「リチャージピュアエレクトリック」が導入される予定だ。

ただ、電気モーターを搭載するといっても、その役割は大きく異なる。“リチャージ”モデルが電気モーターだけで走行できるのに対し、48Vマイルドハイブリッドシステムは、電気モーターがスターターや発電機、または、加速時にエンジンをアシストする役目を果たす。しかし、電気モーターだけで走行することはできず、ハイブリッドといっても、日本メーカーの“ハイブリッド車”とは大きく違っていることは、チェックしておきたいポイントだ。

それでも、燃費の向上やドライバビリティーの向上に貢献するマイルドハイブリッドは、電動化のファーストステップとして、ヨーロッパのメーカーを中心に搭載するモデルが急増している。

2018年3月に国内販売が始まった、ボルボのコンパクトSUV「XC40」。2020年8月には純内燃機関モデル「T4」「T5」と入れ替わる形で、48Vハイブリッドシステムを搭載する「B4」「B5」(写真)が導入された。PHVもラインナップされている。
2018年3月に国内販売が始まった、ボルボのコンパクトSUV「XC40」。2020年8月には純内燃機関モデル「T4」「T5」と入れ替わる形で、48Vハイブリッドシステムを搭載する「B4」「B5」(写真)が導入された。PHVもラインナップされている。拡大
ISGMを組み合わせることでエネルギー効率の向上が図られた「XC40 B5」の2リッター直4ターボエンジン。エンジン自体、「T5」の純ガソリンエンジンからは約9割のパーツが変更されている。気筒休止機構も備わる。
ISGMを組み合わせることでエネルギー効率の向上が図られた「XC40 B5」の2リッター直4ターボエンジン。エンジン自体、「T5」の純ガソリンエンジンからは約9割のパーツが変更されている。気筒休止機構も備わる。拡大
縦型の9インチディスプレイを中央に据えたインテリア。全体的にシンプルな造形で、良好な視界が確保されている。
縦型の9インチディスプレイを中央に据えたインテリア。全体的にシンプルな造形で、良好な視界が確保されている。拡大
「R-DESIGN」のシート表皮は、起毛仕上げの人工皮革とナッパレザーのコンビとなっている。Lavaオレンジカラーのドア内張りやフロアカーペットは2万6000円のオプション。
「R-DESIGN」のシート表皮は、起毛仕上げの人工皮革とナッパレザーのコンビとなっている。Lavaオレンジカラーのドア内張りやフロアカーペットは2万6000円のオプション。拡大

ISGMは縁の下の力持ち

XC40でも、2リッターガソリンエンジンと48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「B4」と「B5」が設定される。この中から、今回はよりパワフルなB5を試すことにした。

XC40の場合、「ISGM」と呼ばれる電気モーターがガソリンエンジンに組み合わされている。ちなみに、ISGMは「Integrated Starter Generator Module」の略で、エンジンスターターとジェネレーター(発電機)の機能をひとつに統合した部品という意味である。

ISGMはエンジンのクランクシャフトとベルトで結ばれ、エンジンスターターとバッテリーを充電するための発電機として機能する。さらに、クルマの運動エネルギーを電気エネルギーに変換することで減速をサポートする回生ブレーキとしての役割もあるのだが、XC40ではモーターやバッテリーを48ボルト化することで、より大きなエネルギーの回収が可能。それを加速時に再利用する場合も、高電圧が有利に働くのだ。

XC40 B5の2リッターガソリンエンジンは、最高出力250PS、最大トルク350N・mを誇る。これに対して、ISGMのモーターは、最高出力13.6PS、最大トルク40N・mと、搭載されるエンジンに比べるとその性能は控えめ。しかし、その効果は想像以上である。

キックアップしたCピラーまわりやL字型のリアコンビランプは、「XC40」のエクステリアにおける特徴のひとつ。「B5」および「B4」ではリアバンパーのデザインが改められ、エキゾーストパイプが目に入らなくなった。
キックアップしたCピラーまわりやL字型のリアコンビランプは、「XC40」のエクステリアにおける特徴のひとつ。「B5」および「B4」ではリアバンパーのデザインが改められ、エキゾーストパイプが目に入らなくなった。拡大
フル液晶タイプのメーターパネル。エネルギー回生時に小さな“電池マーク”が表示される以外、これまでの純内燃機関モデルと変わらない。
フル液晶タイプのメーターパネル。エネルギー回生時に小さな“電池マーク”が表示される以外、これまでの純内燃機関モデルと変わらない。拡大
荷室のフロア下には48Vシステムのリチウムイオンバッテリー(写真中央)が収納されている。
荷室のフロア下には48Vシステムのリチウムイオンバッテリー(写真中央)が収納されている。拡大
「XC40 B5 AWD R-DESIGN」の燃費はWLTCモードで12.8km/リッター。「XC40 T5 AWD R-DESIGN」の12.4km/リッター(JC08モード)よりも向上している。
「XC40 B5 AWD R-DESIGN」の燃費はWLTCモードで12.8km/リッター。「XC40 T5 AWD R-DESIGN」の12.4km/リッター(JC08モード)よりも向上している。拡大

一度知ったらやめられない

早速、「XC40 R-DESIGN」自慢のスタイリッシュなコックピットにおさまり、スタートボタンを押す。すると、拍子抜けするくらい静かにエンジンがかかる。ISGMの恩恵をこうむる瞬間だ。その後、アイドリングストップからエンジンが再始動するときもショックとは無縁で、マナーの良さがうれしい。

この日の試乗は、箱根のホテルを拠点に、主にワインディングロードを走ることになったが、いきなりの上り勾配でも、B5のパワートレインのおかげですいすいと坂道を駆け上がる様子に驚く。車検証を見ると車両重量は1780kgと、決して軽くはないが、低回転から余裕あるトルクを発生するB5は、やすやすとスムーズに、しかも静かに余裕ある加速をみせる。2リッター4気筒というよりも3リッターの6気筒に近い感覚だ。

そのうえ、モーターがエンジンをアシストするため、アクセルペダルの動きに対するエンジンの反応は素早く、ドライバーの望みどおりにエンジンが仕事をしてくれるので、運転が楽しい。さらに、アクセルペダルを踏み込めば、気持ちのいい加速はレブリミットの6000rpmあたりまで続く。難しいことはさておき、電動化のメリットは思いのほか体感しやすいのである。

XC40 B5 AWDの場合、グレードはスポーティーなデザインのR-DESIGNのみ。内外装に加えて、専用スポーツサスペンションが搭載されるのも見どころのひとつだが、ワインディングロードではその実力がいかんなく発揮された。

今回試乗した「B5」の駆動方式は4WDのみ。最高出力を197PS(B5比で-53PS)に抑えた「B4」にはFFと4WDが用意される。
今回試乗した「B5」の駆動方式は4WDのみ。最高出力を197PS(B5比で-53PS)に抑えた「B4」にはFFと4WDが用意される。拡大
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATのみ。写真に見られるように、パーキングブレーキは電動式となる。
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATのみ。写真に見られるように、パーキングブレーキは電動式となる。拡大
従来モデル「T5」には「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていたが、今回試乗した「B5」にはコンチネンタルの「エココンタクト6」がチョイスされていた。
従来モデル「T5」には「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていたが、今回試乗した「B5」にはコンチネンタルの「エココンタクト6」がチョイスされていた。拡大
足まわりは、フロントがマクファーソンストラット式でリアがマルチリンク式。「R-DESIGN」グレードには専用のスポーツサスペンションが装着される。
足まわりは、フロントがマクファーソンストラット式でリアがマルチリンク式。「R-DESIGN」グレードには専用のスポーツサスペンションが装着される。拡大

走りが楽しいR-DESIGN

サスペンションの味付けは少し硬めとはいえ、乗り心地は十分な快適さを確保。装着されていたコンチネンタルの「エココンタクト6」の感触もマイルドで、ロードノイズがよく抑えられているのも印象をよくしている。車高が高めのSUVでありながら、走行中のピッチングやロールなどの動きはよく抑えられており、フラット感もまずまず。コーナーではしなやかに動くサスペンションが路面をしっかりと捉え、軽快にコーナーを駆け抜ける印象だ。

電動ブレーキシステムを採用するためか、ブレーキのタッチに違和感を覚えることもあったが、クルマに慣れるにつれてそれもあまり気にならなくなり、箱根での久しぶりのドライブをすっかり楽しんでしまった。

新しいパワートレインがもたらす走りだけでなく、現代のコンパクトSUVに必要な要素を高いレベルで実現するのもXC40の魅力である。全長×全幅×全高=4425×1875×1660mmの比較的コンパクトなボディーでありながら、後席には足が組めるほど余裕あるスペースを用意。また、荷室も幅・奥行きとも十分なスペースを確保するとともに、折りたたみ可能なフロアは荷室を分割したり、フックを設けるなどして、とても使い勝手のよい空間になっている。キャビン内の豊富な収納も、日本車に迫るほどだ。

ボルボといえば安全装備が充実していることに定評があり、歩行者やサイクリストに加えて、大型動物検知機能を備えた衝突回避・被害軽減ブレーキシステムをはじめ、さまざまな先進安全運転支援機能から構成される「インテリセーフ」を装備。ほかにも標準装備が充実しているため、実際の乗りだし価格が抑えられるのもうれしいところだ。

さらに、モダンなデザインや質感の高いクルマの仕上がりなど、見るべき点がたくさんあるXC40。この内容なら、XC40人気はこれからも続くに違いない。

(文=生方 聡/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

後席も座面の表皮は人工皮革の起毛仕上げ。中央席の背もたれは、左右席のアームレスト(カップホルダー付き)を兼ねる。
後席も座面の表皮は人工皮革の起毛仕上げ。中央席の背もたれは、左右席のアームレスト(カップホルダー付き)を兼ねる。拡大
後席のヘッドレストは可倒式。パッセンジャーがいなければ、写真のように畳むことによりドライバーの後方視界を拡大できる。
後席のヘッドレストは可倒式。パッセンジャーがいなければ、写真のように畳むことによりドライバーの後方視界を拡大できる。拡大
荷室に対して荷物が小さい場合は、フロアボードを山折りにし、仕切りを設けることで安定させられる。折れ目部分の突起はバッグ類を下げるためのもの。
荷室に対して荷物が小さい場合は、フロアボードを山折りにし、仕切りを設けることで安定させられる。折れ目部分の突起はバッグ類を下げるためのもの。拡大
後席を倒し、荷室の容量を最大化した状態。後席の背もたれは60:40の分割式で、センターにはスキーホールも備わる。
後席を倒し、荷室の容量を最大化した状態。後席の背もたれは60:40の分割式で、センターにはスキーホールも備わる。拡大
「XC40」のマイルドハイブリッドモデル「B5」「B4」は、プラグインハイブリッドモデルや2021年に国内導入されるEVバージョンとともに、今後のボルボの電動化戦略を支える。
「XC40」のマイルドハイブリッドモデル「B5」「B4」は、プラグインハイブリッドモデルや2021年に国内導入されるEVバージョンとともに、今後のボルボの電動化戦略を支える。拡大

テスト車のデータ

ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm
ホイールベース:2700mm
車重:1780kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:250PS(184kW)/5400-5700rpm
エンジン最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/1800-4800rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)/3000rpm
モーター最大トルク:40N・m(4.1kgf・m)/2250rpm
タイヤ:(前)235/50R19 103V/(後)235/50R19 103V(コンチネンタル・エココンタクト6)
燃費:12.8km/リッター(WLTCモード)
価格:589万円/テスト車=632万5650円
オプション装備:ボディーカラー<クリスタルホワイトパール>(11万円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(21万円)/Lavaオレンジカラーフロアカーペット&ドア内張り(2万6000円) ※以下、販売店オプション ボルボ・ドライブレコーダー<フロント&リアセット>(8万9650円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:2082km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボXC40 B5 R-DESIGN
ボルボXC40 B5 R-DESIGN拡大
大型のペットボトルやノートパソコンがおさまるドアポケット(写真)は「XC40」のセリングポイントのひとつ。
大型のペットボトルやノートパソコンがおさまるドアポケット(写真)は「XC40」のセリングポイントのひとつ。拡大
センターコンソールの小物入れスペースには、スマートフォンの非接触充電機能も備わる。
センターコンソールの小物入れスペースには、スマートフォンの非接触充電機能も備わる。拡大
充実の小物入れ。運転席と助手席の間には、ふた付きのダストボックスも。
充実の小物入れ。運転席と助手席の間には、ふた付きのダストボックスも。拡大
後席用のエアコン吹き出し口周辺には、シートヒーターのスイッチとアクセサリーソケットが並ぶ。
後席用のエアコン吹き出し口周辺には、シートヒーターのスイッチとアクセサリーソケットが並ぶ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC40 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。