ぶつかってからでは遅いんです!
雪道をサマータイヤで走る危険性とは!?

2018.01.29 デイリーコラム

雪道ではタイヤがすべて

先だっての東京地方の大雪。案の定というか、雪の中をサマータイヤのクルマで出掛けて立ち往生するクルマが続出。交通渋滞の原因となり、大勢の人に迷惑をかけていた。

しかし不思議だ。事前に「明日は雪が降る」とテレビなどで散々報道されていたのに、なぜサマータイヤのまま出発したのだろう? 報道に気付かなかった? 降る前に帰る予定だった? 少々の雪なら走れると思った? どうしてもクルマで出掛ける必要があった? いずれにせよ、タイヤのことを理解していないのだと思う。履いているタイヤによって、クルマの走行性能がどれだけ変わるのか、サマータイヤがどれだけ雪に弱いのかを知らないのではないだろうか。

ちなみに筆者は、ちょうど東京が雪に見舞われた日の午後に帰京した。その前にいたのは青森。スバルの雪上試乗会に参加していたのだ。「インプレッサ」と「XV」のステアリングを交互に握り、八甲田山を抜けて安比高原までの峠道を走った。この日も朝から雪。路面だけでなく、周囲も一面の銀世界だ。しかし、足元は最新のスタッドレスタイヤだから不安は一切なかった。安比高原のスキー場では、スバルが「ゲレンデタクシー」を実施していた。聞けば、わざわざ路面に水をまいて凍らせているのだとか。その上に雪が積もった急こう配のゲレンデを、スバル車は何事もなかったように50km/h以上で駆け上がる。優れたトラクション性能も見逃せないが、もちろん最新のスタッドレスタイヤがあっての芸当。これがサマータイヤでは、どんなクルマでも不可能だ。

サーキットなどでは、スポーツタイヤのグリップ力はすごい。体を持っていかれそうなほどの強烈な横Gを受け止め、クルマをグイグイと曲げていく。しかし、そんなスポーツタイヤも、ほんのわずかな雪であっという間にグリップを失う。筆者も、春先に季節外れの積雪があったとき、見た目にはわからないようなわずかなこう配を登ることができなかった経験がある。要は、同じクルマでもタイヤによって走れる路面が違うということ。サマータイヤは、雪にものすごく弱いのだ。

関東地方を大雪が襲ったのは、2018年1月22日のこと。東京都心では積雪が23cmに達し、4年ぶりの大雪となった。
関東地方を大雪が襲ったのは、2018年1月22日のこと。東京都心では積雪が23cmに達し、4年ぶりの大雪となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事