ホンダ、大型ロードスポーツモデルの「CB1000R」を発表

2018.03.08 自動車ニュース
「ホンダCB1000R」
「ホンダCB1000R」拡大

本田技研工業は2018年3月8日、1000ccクラスの大型バイク「CB1000R」を同年4月2日に発売すると発表した。

 
ホンダ、大型ロードスポーツモデルの「CB1000R」を発表の画像拡大
 
ホンダ、大型ロードスポーツモデルの「CB1000R」を発表の画像拡大
 
ホンダ、大型ロードスポーツモデルの「CB1000R」を発表の画像拡大

998ccの水冷4気筒を搭載した“新世代CB”の旗手

ホンダCB1000Rは、軽量かつコンパクトな車体に998ccの水冷4ストローク直列4気筒 DOHC 4バルブエンジンを搭載した、ネイキッドタイプのロードスポーツモデルである。

開発に際しては「魅(み)せる、昂(たかぶ)る、大人のためのEMOTIONAL SPORTS ROADSTER」をテーマに掲げ、スポーツバイクの普遍的な魅力である操る楽しさを追求。同時に上質な走りを実現するため、マスの集中化と軽量化に注力したという。

パワーユニットについても、スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のエンジンを踏襲しつつ、より伸びやかな吹け上がりと力強いトルクを実現するために吸排気系を最適化。トランスミッションはクラッチ操作を必要としないクイックシフター付きで、ギアのローレシオ化を図るなど独自のチューニングを施している。

走りに関する装備も充実しており、出力特性とスロットルレスポンスを変化させるパワーセレクターと、後輪の挙動を安定させるHondaセレクタブルトルクコントロール、アクセルを閉じたときのエンジンブレーキの強さを制御するセレクタブルエンジンブレーキの3種類からなる電子制御を搭載。ライディングモードの切り替え機構には既定の「SPORT」「STANDARD」「RAIN」に加え、ライダーが任意で各パラメーターを調整できる「USER」モードも用意している。

また、フレームには軽さと剛性の高さを重視して高張力鋼のモノバックボーンを採用。足まわりは前が倒立フロントフォーク、後ろがアルミ製の片持ちスイングアームで、市街地からワインディングロードまでさまざまなシチュエーションで高い路面追従性を発揮し、上質なライディングフィールを実現しているという。

カラーリングは「キャンディークロモスフィアレッド」と「グラファイトブラック」の2種類。価格は163万6200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CB1000R, ホンダ, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダCBR600RR(6MT)【レビュー】 2021.1.21 試乗記 ホンダのミドル級スーパースポーツモデル「CBR600RR」が復活。レースでの勝利を目的に開発された新型は、ライディングの基礎を学ぶのにも、サーキットでのスキルを磨くのにも好適な、ホンダらしい誠実さを感じさせるマシンに仕上がっていた。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る