ハスクバーナ、日本に導入する3モデルをメディア向けに公開

2018.03.14 自動車ニュース
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2018年3月13日、日本市場に導入する最新モデル3台をメディア向けに公開した。

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン代表のブラッドリー・ヘイギ氏。
ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン代表のブラッドリー・ヘイギ氏。拡大
「ヴィットピレン701」
「ヴィットピレン701」拡大
「ヴィットピレン401」
「ヴィットピレン401」拡大
「スヴァルトピレン401」
「スヴァルトピレン401」拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズはスウェーデン発祥の二輪メーカーで、1903年に初のモデルを製作。戦後は著名なオフロードモデルを数多く輩出し、モータースポーツでも活躍を見せてきた。現在はオーストリアのKTM傘下のブランドとなっている。

今回披露された「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」は、いずれも2017年のEICMA(ミラノショー)で市販モデルが世界初公開されており、2018年2月には日本導入がアナウンスされていた。

車名のヴィットピレン(VITPILEN)、スヴァルトピレン(SVARTPILEN)は、それぞれ「白い矢」「黒い矢」を意味するスウェーデン語で、いずれも「Simple Progressive」というハスクバーナのブランドテーマを体現した、先進的でありながら無駄をそぎ落としたスタイリングに仕上げられている。

価格や発売時期などについては既報のとおり、ヴィットピレン701が135万5000円で2018年7月に、ヴィットピレン401とスヴァルトピレン401が77万7000円で同年4月に発売される予定となっている。

(webCG)

ハスクバーナ新型3モデルの詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
ヴィットピレン401, ヴィットピレン701, スヴァルトピレン401, ハスクバーナ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から 2018.3.14 画像・写真 いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。
  • ハスクバーナが「スヴァルトピレン125」を発表 125ccの軽快なスクランブラーモデル 2021.2.5 自動車ニュース ハスクバーナが新型モーターサイクル「スヴァルトピレン125」を発表。軽快なネイキッドモデルとオフロードモデルの特徴を併せ持つ、スクランブラータイプのバイクで、125ccの水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載している。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.2 試乗記 ハスクバーナの新型ストリートバイク「スヴァルトピレン250」に試乗。“401”や“701”といった既存のモデルよりも排気量は小さいが、侮るなかれ。その走りはツウも納得するだけの刺激に満ちたものだった。
  • ハスクバーナの新型バイク「スヴァルトピレン701」上陸 2019.3.15 自動車ニュース ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2019年3月15日、2018年11月のEICMA(ミラノショー)でデビューした「スヴァルトピレン701」の国内販売を、2019年6月に開始すると発表した。
ホームへ戻る