新型軽「ホンダN-VAN」は“ダブルビッグ大開口”で勝負

2018.04.20 自動車ニュース
「ホンダN-VAN」のイメージ画像。
「ホンダN-VAN」のイメージ画像。拡大

本田技研工業は2018年4月20日、同年夏に発表を予定している新型車「N-VAN」の情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。

助手席側のBピラーを持たない「N-VAN」では、リアのハッチゲートに加えて、車体側方の大開口部が活用できる。
助手席側のBピラーを持たない「N-VAN」では、リアのハッチゲートに加えて、車体側方の大開口部が活用できる。拡大

N-VANは、既存の軽乗用車「Nシリーズ」のラインナップに追加される、新たな商用車。「働く人の豊かな時間を実現するため、毎日の荷物の積み降ろしや運搬をサポートする、さまざまな新発想の機能が備わっている」とアピールされる。

その特徴のひとつとなるのが、後席だけでなく助手席もフラットに収納できるダイブダウン機能。Nシリーズならではの低床フロアと相まって、折り畳んだ助手席からテールゲートにかけてフラットかつ大容量な積載スペースを生み出すという。

さらに、助手席側のBピラーを廃することで、車体側方の大開口を実現。テールゲートと助手席側スライドドアの、2つの動線からの効率的な積み降ろしを可能とするなど、荷室空間の使い勝手を向上させた。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」が標準で備わる点も、セリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事