【北京ショー2018】ホンダ、2018年内に発売予定のEVコンセプトを世界初公開

2018.04.25 自動車ニュース

本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資は2018年4月25日、北京モーターショー2018において、電気自動車(EV)のコンセプトカー「理念EVコンセプト」を世界初公開した。

理念EVコンセプトは、本田技研科技(中国)と広汽本田汽車が共同開発した、中国市場専用モデルとして投入する、初の量産EVのコンセプトカーである。広汽ホンダの自主ブランド「理念」のモデルとして、2018年内の発売が予定されているほか、ホンダが2017年に出資を発表した中国のカーシェアリング事業会社、Reachstar(リーチスター)のサービスを通じて、シェアEVとしても導入されるという。

このほかホンダブースには、中国で2018年後半に発売予定の「アコード ハイブリッド」や、同じく2018年後半に発売予定の新型セダンのコンセプトカー「インスパイア コンセプト」なども展示されている。

(webCG)

 

「理念EVコンセプト」
「理念EVコンセプト」拡大

関連キーワード:
北京モーターショー2018, モーターショー, 電気自動車(EV), ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事