ミシュラン、IoTを活用したタイヤ管理システムの提供開始

2018.04.27 自動車ニュース

日本ミシュランタイヤは2018年4月26日、トラック・バス用のIoTを活用したタイヤ管理システム「ミシュランTPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)クラウドサービス」を、2018年6月1日に発売すると発表した。

TPMSは、タイヤにセンサーを取り付けて空気圧とタイヤ内部温度を検知し、空気圧やタイヤ内部温度が基準外になると警報を発するシステム。同システムは、海外の建設機械の現場などでは既に実用化が進んでいるものの、タイヤメーカーとしての実用化は日本国内で初となる。

今回のミシュランTPMSクラウドサービスは、ソフトバンクとの協業によるもので、車両のTPMS情報をソフトバンクのIoTサービス上で可視化できることが最大の特徴。車両を運転するドライバーだけでなく、運行管理者が複数の車両情報を手元のスマートフォン、タブレット、パソコンなどの端末で一括監視する体制を整えることで事故やトラブルを未然に防ぐ仕組みである。

TPMSがタイヤの空気圧や温度が設定値を超えるなどのトラブルを検知すると、クラウドを通して運行管理者・タイヤ販売店・レスキューネットワークに当該車両の位置情報やタイヤ情報がメールで送られる。そして、当該車両のドライバー、もしくは運行管理者がコールセンターへレスキューを要請すると、コールセンターから出動依頼のあったミシュランレスキューネットワーク登録販売店が迅速に現場に駆けつけ、故障に対応するという。

(webCG)
 

 
ミシュラン、IoTを活用したタイヤ管理システムの提供開始の画像拡大

関連キーワード:
ミシュラン, タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事