「レンジローバー」の2018年モデル受注開始

2018.04.27 自動車ニュース

「ランドローバー・レンジローバー」の2018年モデル。


	「ランドローバー・レンジローバー」の2018年モデル。
	拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月27日、ラグジュアリーSUV「ランドローバー・レンジローバー」の2018年モデルについて概要を発表し、同日、受注を開始した。

 
「レンジローバー」の2018年モデル受注開始の画像拡大
「レンジローバー」の2018年モデルのインテリア。
「レンジローバー」の2018年モデルのインテリア。拡大
「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」のフロントグリル。
「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」のフロントグリル。拡大
「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」
「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」拡大

さらに便利に快適に

レンジローバーの2018年モデルでは、フロントグリル、前後バンパー、ヘッドライト、リアスポイラーなどの意匠を変更。よりモダンで洗練されたデザインが採用された。

一方インテリアは、シートの形状や素材を見直し、ゆったりと深く着座できるようにした。上級グレードに標準設定されるリアエグゼクティブクラスシートには、電動デプロイアブルリアセンターコンソールと折り畳み式リアシートが設けられており、5シートまたは4シートにアレンジできる。

コンフォートコントローラー機能も搭載されており、専用スマートフォンアプリを介して後席のシートマッサージ、エアコンの操作、個別のシート温度設定なども可能。急速冷蔵機能を新たに備えたセンターコンソールボックス(500mlボトルを4本収納可能)や、25種類のマッサージプログラムが利用できるホットストーンマッサージ、フットレストヒーターなどのオプションも用意される。

さらに、インフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」や、離れた場所から空調の操作などが可能となる「リモートプレミアム」が標準で備わるほか、主要データ(速度、ギアポジション、カーナビゲーションの指示、オフロード情報など)をフロントガラス上に表示するヘッドアップディスプレイ(HUD)や、簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能な「ジェスチャールーフブラインド」が新たにオプション設定されている。

2018年モデルの主な変更点や特徴は、以下のとおり。

  • V型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジン(340ps/450Nm、380ps/450Nm)と、出力を向上させたV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジン(525ps/625Nm、565ps/700Nm)、V型6気筒ディーゼルターボエンジン(258ps/600Nm)をラインナップ
  • フロントグリル、ボンネット、フェンダーベント、前後バンパー、前後LEDライト、リアスポイラー、エキゾーストパイプのデザインを変更
  • シートポジションの調整スイッチをドア側に移動してシート幅を拡大し、深々とゆったり着座できるクッションを採用
  • ロードスルー機能を備えた60:40分割可倒式ベンチシートを採用
  • より広く深く着座できるようになったリアエグゼクティブクラスシート(「オートバイオグラフィー」「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」「SVオートバイオグラフィー」は標準装備:リアセンターコンソールを電動可動式とし、4人乗りまたは5人乗りに調節可能/スマートフォン用の専用アプリを介して、シートのレイアウト、後席の気温や風量の調整、マッサージ機能、シートヒーター&クーラー、シートヒート部位の設定など、車外からのオペレーションができるコンフォートコントローラー機能を搭載/ローリングモードやパルスモードなど25種類のプログラムを備えたホットストーンマッサージ<前席&後席>を装備)
  • トリムフィニッシャーに5つのベニヤフィニッシャーを追加
  • ドアガラスの厚さを6mmに変更し、車内の静粛性を向上
  • 急速冷蔵機能を搭載したセンターコンソールボックスを装備
  • リアセンターコンソールにゼニス製アナログ時計をレイアウト(「SVオートバイオグラフィー ロングホイールベース」に標準装備)
  • 2つの高解像度10インチのタッチスクリーンを別々に操作することができるインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を採用
  • 簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャールーフブラインドを装備
  • 常に車内空間を快適にするイオン空気洗浄テクノロジーを採用
  • 主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示など)をフロントガラス上に表示するヘッドアップディスプレイを搭載
  • テレインレスポンスに「ダイナミック」「エコ」を追加し、7つのモード(「コンフォート」「ダイナミック」「エコ」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「岩場」)が選択可能に
  • 後部座席の乗員が降車のためにドアを開ける際、他車両などの接近を検知し注意を促すクリアイグジットモニター
  • ドライブアシスト(キューアシストおよびエマージェンシーブレーキアシスト付きアダプティブクルーズコントロール、自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャーワーニング)
  • パーキングアシスト(フロント/リア パーキングエイド、リアビューカメラ)

レンジローバー2018年モデルのラインナップと価格は、以下の通り。

【ガソリン車】

  • ヴォーグ(3リッター/340ps):1409万円
  • ヴォーグ(3リッター/380ps)、1490万円
  • ヴォーグ ロングホイールベース(3リッター/380ps):1554万円
  • ヴォーグ(5リッター/525ps)、1657万円
  • オートバイオグラフィー(5リッター/525ps):1929万円
  • オートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッター/525ps):2016万円
  • SVオートバイオグラフィー ダイナミック(5リッター/565ps):2495万円
  • SVオートバイオグラフィー(5リッター/565ps):3108万円

【ディーゼル車】

  • ヴォーグ(3リッター/258ps):1452万円
  • オートバイオグラフィー(3リッター/258ps):1739万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る