「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売

2018.05.10 自動車ニュース
「ボルボV40クロスカントリー アクティブエディション」
「ボルボV40クロスカントリー アクティブエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2018年5月10日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「Aktiv Edition(アクティブエディション)」を設定し、150台の台数限定で発売した。

 
「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売の画像拡大
 
「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売の画像拡大

今回のアクティブエディションは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力190ps/最大トルク400Nm)を搭載する「D4サマム」をベースに、装備の充実を図った特別仕様車である。「Aktiv」はスウェーデン語で「活動的」を意味している。

エクステリアには、専用デザインの19インチアルミホイールを採用したほか、リアデコトリムやサイドスカッフプレート、リアスキッドプレート、ディフューザー専用エンドパイプ・ダブルからなる「エクステリアスタイリングキット」を装着している。

インテリアでは、上質なレザーを使用したチャコール/ブロンドのデュアルトーンレザーシートを装備。ルーフライナーにはブラックを採用したほか、電動サンシェードを備えたパノラマガラスルーフも装備する。また、シフトレバーまわりにアルミニウムパネルを装着することで、スポーティーさを演出している。

他の「V40」シリーズと同様、11種類以上の先進安全・運転支援機能からなる「インテリセーフ」も標準装備する。

ボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」「オニキスブラックメタリック」「パッションレッド」「オスミウムグレーメタリック」の全4色展開で、価格はベース車から25万円アップの479万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
ホームへ戻る