「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売

2018.05.10 自動車ニュース
「ボルボV40クロスカントリー アクティブエディション」
「ボルボV40クロスカントリー アクティブエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2018年5月10日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「Aktiv Edition(アクティブエディション)」を設定し、150台の台数限定で発売した。

 
「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売の画像拡大
 
「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売の画像拡大

今回のアクティブエディションは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力190ps/最大トルク400Nm)を搭載する「D4サマム」をベースに、装備の充実を図った特別仕様車である。「Aktiv」はスウェーデン語で「活動的」を意味している。

エクステリアには、専用デザインの19インチアルミホイールを採用したほか、リアデコトリムやサイドスカッフプレート、リアスキッドプレート、ディフューザー専用エンドパイプ・ダブルからなる「エクステリアスタイリングキット」を装着している。

インテリアでは、上質なレザーを使用したチャコール/ブロンドのデュアルトーンレザーシートを装備。ルーフライナーにはブラックを採用したほか、電動サンシェードを備えたパノラマガラスルーフも装備する。また、シフトレバーまわりにアルミニウムパネルを装着することで、スポーティーさを演出している。

他の「V40」シリーズと同様、11種類以上の先進安全・運転支援機能からなる「インテリセーフ」も標準装備する。

ボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」「オニキスブラックメタリック」「パッションレッド」「オスミウムグレーメタリック」の全4色展開で、価格はベース車から25万円アップの479万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売 東京のウエルカムプラザ青山では先行展示も 2020.1.17 自動車ニュース ホンダが4代目となる新型「フィット」を、2020年2月14日に発売すると発表した。これに先立ち東京の「ウエルカムプラザ青山」では、同施設のリニューアルオープンに合わせ、「ベーシック」「ホーム」「ネス」「クロスター」「リュクス」の全5モデルの展示も行われる。
ホームへ戻る