ボルボが「V40」「V40クロスカントリー」の特別仕様車を発売

2018.12.18 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年12月18日、「V40/V40クロスカントリー」に特別仕様車として「Tack(タック)エディション」および「Classic(クラシック)エディション」を追加設定し、同日に販売を開始した。

ボルボの「タック」および「クラシック」は、これまでモデルライフの最終仕様に与えられてきた伝統的なネーミングだ。タックは、スウェーデン語で「ありがとう」を意味している。

タックエディションは、「V40 T3キネティック」「V40クロスカントリーT5 AWDモメンタム」をベースに、キーレスドライブシステムの「パーソナルカーコミュニケーター(PCC)」とフロントシートヒーターを装備する。

「V40 T3タックエディション」は上記に加え、下記も特別装備する。

  • T-Tec/テキスタイルコンビネーションシート
  • HDDナビゲーションシステム、VICS3
  • ボルボガードシステム(インテリアムーブメントセンサー付き)
  • グローブボックスロックシリンダー
  • ミルドアルミニウムパネル
  • シルクメタルドアインサート
  • センタースタックフレーム
  • ダッシュボードインサート

クラシックエディションは、「V40 T3インスクリプション」「V40クロスカントリーT5 AWDサマム」をベースに、パノラマガラスルーフとリアシートヒーターを装備する。

タックエディションおよびクラシックエディションの価格は以下の通り。

  • V40 T3タックエディション:368万円
  • V40 T3クラシックエディション:428万円
  • V40クロスカントリーT5 AWDタックエディション:434万円
  • V40クロスカントリーT5 AWDクラシックエディション:469万円

タックエディション、クラシックエディションとも、全6色のボディーカラーを設定している。

(webCG)

「ボルボV40クロスカントリーT5 AWDクラシックエディション」(写真左)と「V40 T3タックエディション」(写真右)。
「ボルボV40クロスカントリーT5 AWDクラシックエディション」(写真左)と「V40 T3タックエディション」(写真右)。拡大

関連キーワード:
V40, V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る