ダイハツ、販売会社向けに「トール」の特別仕様ベース車両を設定

2018.05.10 自動車ニュース
「ダイハツ・トール 販売会社特別仕様ベース車両」
「ダイハツ・トール 販売会社特別仕様ベース車両」拡大

ダイハツ工業は2018年5月10日、コンパクトカー「トール」に販売店ごとにさまざまな仕様の設定が可能な「販売会社特別仕様ベース車両」を設定するとともに、「トールカスタム」に「エアロスタイリッシュパック」を追加し、同日販売を開始した。

「ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック」
「ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック」拡大
「ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン」
「ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン」拡大
「ブラックマイカメタリック×インペリアルゴールドクリスタルメタリック」
「ブラックマイカメタリック×インペリアルゴールドクリスタルメタリック」拡大
「トールカスタムGターボSAⅡ」(エアロスタイリッシュパック装着車)
「トールカスタムGターボSAⅡ」(エアロスタイリッシュパック装着車)拡大
合皮とスエード調表皮のシートカバー。
合皮とスエード調表皮のシートカバー。拡大

販売会社による多彩な特別仕様車の設定を支援

今回設定されたトールの販売会社特別仕様ベース車両は、中間グレードの「G“SA II”」をもとに設定されたもので、各販売会社が地域やユーザーの特性に合わせて独自の特別仕様車を仕立てる際に用いることを想定したベース車両である。標準車でありながら、通常はトールカスタムでしか選択できないツートンカラーが用意されるほか、LEDヘッドランプやアルミホイールなどが標準装備となっている。

これらを含む特別装備の価格は以下の通り。

  • LEDヘッドランプ(オートレベリング機能、クリアランスランプ付き)
  • LEDフォグランプ(LEDイルミネーション付き)
  • メッキインナードアハンドル
  • センタークラスターパネル(ピアノブラック塗装/シルバー加飾付き)
  • ドアアームレスト(シルバー加飾付き)
  • オートエアコンパネル(ピアノブラック塗装/プッシュ式)
  • 14インチアルミホイール

ボディーカラーは「ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック」「ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン」「ブラックマイカメタリック×インペリアルゴールドクリスタルメタリック」の3種類が用意される。

同時にトールカスタムに設定されたエアロスタイリッシュパックは、内外装のドレスアップに用いるディーラーオプションであり、既存のリアロアスカートやリアリフレクターガーニッシュ、グリルガーニッシュ、フォグランプガーニッシュに、新設定のサイドストーンガードとシートカバー(合皮×スエード調皮革)を加えた、6つのアイテムがセットとなっている。価格は取り付け工賃込みで23万4036円。

なお、カタログモデルの価格に変更はなく、トールは146万3400円から185万7600円、トールカスタムは177万1200円から200万8800円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
トール, トールカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」の安全装備を強化 2018.11.1 自動車ニュース トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」を一部改良。運転支援システム「スマートアシストIII」やコーナーセンサーを、エントリーグレードを除く全車に標準装備した。同時に特別仕様車「G“Cozy Edition(コージーエディション)”」も発売している。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る