「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車

2018.05.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。拡大

本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。
こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。拡大
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。拡大
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。拡大

今回のコンフォートエディションは、ハイブリッド車の「ハイブリッドF」とガソリン車の「13G・F」がベース。紫外線を約99%カットし赤外線を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360度スーパーUV・IRカットパッケージ」と、運転席&助手席シートヒーターが標準装備されている。「13G・Fコンフォートエディション」には、DC12Vのアクセサリーソケットが備わるアームレスト付きセンターコンソールボックスも与えられる(ハイブリッドFには標準装備)。

ボディーカラーは、特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」「モーニングミストメタリック」「プレミアムアイボリーパール」を含む全9色。これまで上位グレードのみで選択可能だったインテリアパッケージ「プレミアムブラウンインテリア」もオプション設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドFコンフォートエディション:184万7880円(FF車)/204万2280円(4WD車)
  • 13G Fコンフォートエディション:146万1240円(FF車)/165万5640円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
ホームへ戻る