「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車

2018.05.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。拡大

本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。
こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。拡大
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。拡大
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。拡大

今回のコンフォートエディションは、ハイブリッド車の「ハイブリッドF」とガソリン車の「13G・F」がベース。紫外線を約99%カットし赤外線を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360度スーパーUV・IRカットパッケージ」と、運転席&助手席シートヒーターが標準装備されている。「13G・Fコンフォートエディション」には、DC12Vのアクセサリーソケットが備わるアームレスト付きセンターコンソールボックスも与えられる(ハイブリッドFには標準装備)。

ボディーカラーは、特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」「モーニングミストメタリック」「プレミアムアイボリーパール」を含む全9色。これまで上位グレードのみで選択可能だったインテリアパッケージ「プレミアムブラウンインテリア」もオプション設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドFコンフォートエディション:184万7880円(FF車)/204万2280円(4WD車)
  • 13G Fコンフォートエディション:146万1240円(FF車)/165万5640円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • 「ホンダ・ヴェゼル」がフルモデルチェンジ パワートレインやADASなどが全方位的に進化 2021.4.22 自動車ニュース 本田技研工業は2021年4月22日、クロスオーバーSUV「ヴェゼル」の新型を同年4月23日に発売すると発表した。「センタータンクレイアウト」などの基本構造を先代モデルから踏襲しながら、ハイブリッドシステムを刷新するなどして全方位的な進化を遂げている。
ホームへ戻る