英モーガンの日本輸入代理店が発足記念イベントを開催

2018.05.22 自動車ニュース
「モーガン4/4」とエスシーアイ/モーガンカーズ・ジャパン代表取締役社長の伊藤誠英氏。
「モーガン4/4」とエスシーアイ/モーガンカーズ・ジャパン代表取締役社長の伊藤誠英氏。拡大

輸入車の正規販売事業を手がけるエスシーアイは2018年5月22日、東京・港区の明治記念館において、モーガンカーズ・ジャパンの発足イベント「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」を開催した。

「モーガン4/4」
「モーガン4/4」拡大
今回の発足イベントには、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも、マイカーのモーガンとともに参加した。
今回の発足イベントには、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも、マイカーのモーガンとともに参加した。拡大
大阪を除く、全国7店舗のディーラーの代表者。
大阪を除く、全国7店舗のディーラーの代表者。拡大
内装に用いられるレザー素材のサンプルを片手に、モーガンのプロダクトの魅力を語るモーガンカーズ・ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。
内装に用いられるレザー素材のサンプルを片手に、モーガンのプロダクトの魅力を語るモーガンカーズ・ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。拡大
「モーガン3ホイーラー」
「モーガン3ホイーラー」拡大

職人の手作りにこだわるスポーツカーメーカー

モーガンカーズ・ジャパンは、2018年4月5日に発足した英モーガン・モーター・カンパニーの正規インポーターである。これまで東京のモーガン・オート・イワセが行ってきた輸入元としての事業を引き継ぎ、全国8店舗のディーラーを介して、日本での車両の販売、部品の供給、アフターセールス業務を担うこととなった。

今回のイベントには、インポーターの関係者に加え、大阪を除く全国7店舗のディーラーの代表や、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも参加。あいさつに立ったエスシーアイの伊藤誠英代表取締役社長は、ケータハムや「KTMクロスボウ」の輸入販売を手がけてきた自社の実績を紹介するとともに、「電動化や自動運転などといったコモディティーな話題が多い中で、本当にクルマが好きな人にこういった製品を提供し、安心して乗っていただける体制を、メーカーやオーナーズクラブとともに展開していけることをうれしく思う」と述べた。

1909年に誕生したモーガンは、職人の手作業によるクルマづくりを今日に受け継ぐ英国のスポーツカーメーカーである。プロダクトはいずれもスチール製のラダーフレームにアッシュ材(トネリコ)のボディー骨格、アルミ製のボディーパネルを組み合わせたもの(「3ホイーラー」はチューブラーフレーム)。パワープラントとドライブトレイン以外はすべて内製で、ボディーパネルについては一度組み立ててフィッティングを調整してから、分解、塗装して再度組み付けるなど、非常に手の込んだ製造工程を守り続けている。それゆえに生産台数は年間850台と少なく、オーダーから納車までは8カ月の時間を要するという。

日本に導入されるラインナップは「3ホイーラー」「4/4」「プラス4」「ロードスター」の4車種。いずれも内外装には多彩な仕様が用意されており、オーナーは自分の好みに合わせたカスタマイズを楽しむことができる。

(webCG)

「モーガン3ホイーラー」の詳細な写真はこちら
「モーガン4/4」の詳細な写真はこちら
「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
4/4, プラス4, 3ホイーラー, ロードスター, モーガン, 自動車ニュース

モーガン 4/4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン4/4 2018.5.23 画像・写真 1936年のデビュー以来、戦争による中断をはさんで今もなお造られ続ける「モーガン4/4」。トネリコのボディーフレームに“手叩き”のボンネットなど、職人の手によるクルマづくりを今日に伝えるクラシカルなスポーツカーの姿を紹介する。
  • モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジ 2020.3.3 自動車ニュース 70年の歴史を誇るモーガンのスポーツカー「プラスフォー」がモデルチェンジ。シャシーは「CXジェネレーション」と呼ばれる接着アルミプラットフォームで、エンジンにはBMW製の2リッター直4ターボを採用。トランスミッションには6段MTと8段ATが用意される。
  • モーガン・プラスフォー 2020.3.3 画像・写真 モーガンが新型「プラスフォー」を発表。2020年のジュネーブモーターショーで初公開される予定だったモデルで、シャシーには新世代の接着アルミプラットフォーム、エンジンにはBMW製の2リッター直4ターボを採用している。新型の詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • モーガンから最高出力340psの高性能モデル「プラスシックス」が登場 2019.6.28 自動車ニュース モーガンが19年ぶりのニューモデル「PLUS SIX(プラスシックス)」を日本に導入。新開発のアルミ製プラットフォームにBMW製の3リッター直6ターボエンジンとZF製8段ATを搭載したモデルで、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が267km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る