今日に受け継がれる戦前のクルマづくり
1909年設立の老舗、モーガンの魅力を語る

2018.04.16 デイリーコラム

その歴史は100年を優に超える

ケータハムや「KTMクロスボウ」の輸入を手がけるエスシーアイが、イギリスのモーガン・モーター・カンパニーと日本での輸⼊販売契約を締結。2018年4月5日より販売が開始された。まずは「3ホイーラー」「4/4」「プラス4」「ロードスター」が導入されるという。そこで今回は、あらためてモーガンという自動車メーカーの歴史と魅力を振り返ってみたい。

イギリスのロンドンから北西におよそ230km、ウスターシャー州の中心都市であるウスターのマルヴァーンアビンドンに、モーガンの本社と工場はある。1909年の創業当時から、モーガンのモデルはこの地で生を受け続けているのだ。

創業者のヘンリー・フレデリック・スタンリー・モーガンが最初に手がけたのは、3ホイーラーだった。このクルマは、二輪車や耕運機のエンジンを用いた“サイクルカー”の一員としてデビュー。高い耐久性に加えて走りがスポーティーであったことから人気を集めた。これが、いまに続くモーガン3ホイーラーの始まりである。

1930年代に入るとサイクルカーの需要は減り始め、「オースチン・セブン」や「MG」といった四輪車にユーザーは移行し始めた。そこで、1936年のオリンピアモーターショーでモーガン初の四輪車、4/4がデビュー。ネーミングの4/4は4気筒と4輪を意味したもので、3ホイーラー(基本はV型2気筒2シーター)との差別化が図られていた。

「4/4」のノーズに装着された、モーガンのエンブレム。
「4/4」のノーズに装着された、モーガンのエンブレム。拡大
英ウスターに位置するモーガンの工場では、今日でも職人の手によってクルマが“手作り”されている。
英ウスターに位置するモーガンの工場では、今日でも職人の手によってクルマが“手作り”されている。拡大
自動車メーカー、モーガンにとって初の製品である「3ホイーラー」。近年になって“復活”を果たし、生産が開始された。
自動車メーカー、モーガンにとって初の製品である「3ホイーラー」。近年になって“復活”を果たし、生産が開始された。拡大
 
今日に受け継がれる戦前のクルマづくり1909年設立の老舗、モーガンの魅力を語るの画像拡大
モーガン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • 「ホンダe」と「ホンダN-ONE」がベース レーシーな新型コンセプトカー登場 2021.4.16 自動車ニュース ホンダアクセスは2021年4月16日、モータースポーツをイメージした2種類の新型コンセプトカー「e-DRAG」「K-CLIMB」を東京・青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」に展示すると発表した。
ホームへ戻る