クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

今日に受け継がれる戦前のクルマづくり
1909年設立の老舗、モーガンの魅力を語る

2018.04.16 デイリーコラム

その歴史は100年を優に超える

ケータハムや「KTMクロスボウ」の輸入を手がけるエスシーアイが、イギリスのモーガン・モーター・カンパニーと日本での輸⼊販売契約を締結。2018年4月5日より販売が開始された。まずは「3ホイーラー」「4/4」「プラス4」「ロードスター」が導入されるという。そこで今回は、あらためてモーガンという自動車メーカーの歴史と魅力を振り返ってみたい。

イギリスのロンドンから北西におよそ230km、ウスターシャー州の中心都市であるウスターのマルヴァーンアビンドンに、モーガンの本社と工場はある。1909年の創業当時から、モーガンのモデルはこの地で生を受け続けているのだ。

創業者のヘンリー・フレデリック・スタンリー・モーガンが最初に手がけたのは、3ホイーラーだった。このクルマは、二輪車や耕運機のエンジンを用いた“サイクルカー”の一員としてデビュー。高い耐久性に加えて走りがスポーティーであったことから人気を集めた。これが、いまに続くモーガン3ホイーラーの始まりである。

1930年代に入るとサイクルカーの需要は減り始め、「オースチン・セブン」や「MG」といった四輪車にユーザーは移行し始めた。そこで、1936年のオリンピアモーターショーでモーガン初の四輪車、4/4がデビュー。ネーミングの4/4は4気筒と4輪を意味したもので、3ホイーラー(基本はV型2気筒2シーター)との差別化が図られていた。

「4/4」のノーズに装着された、モーガンのエンブレム。
「4/4」のノーズに装着された、モーガンのエンブレム。拡大
英ウスターに位置するモーガンの工場では、今日でも職人の手によってクルマが“手作り”されている。
英ウスターに位置するモーガンの工場では、今日でも職人の手によってクルマが“手作り”されている。拡大
自動車メーカー、モーガンにとって初の製品である「3ホイーラー」。近年になって“復活”を果たし、生産が開始された。
自動車メーカー、モーガンにとって初の製品である「3ホイーラー」。近年になって“復活”を果たし、生産が開始された。拡大
 
今日に受け継がれる戦前のクルマづくり1909年設立の老舗、モーガンの魅力を語るの画像拡大

戦前のクルマがそのままに

構造的には3ホイーラーの最終型たる「Fタイプ」をベースに、チェーンを外してリジッドアクスルと“もう1輪”を追加したものである。そして現在に至るまで、4/4はこの基本を守り続けている。フラットラジエーターが曲面を描くものに変更されるなど、一部の外板部分やパワートレイン(エンジンやトランスミッション)は変更されたものの、それ以外は基本的に当時のままだ。戦前の設計がそのまま生かされている唯一の“現行モデル”であり、それこそがモーガン最大の魅力と言っても過言ではない。

そのフレームは2本のZ型断面のサイドメンバーをクロスメンバーで結んだもので、フロアは木の板である。ボディーはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹、アッシュの製材を木骨として利用し、そこにアルミパネルを張ったものだ。「クルマを歩道などに乗り上げたまま駐車すると、クルマにねじれが生じる」といわれる所以(ゆえん)である。

一方で、クラシカルなクルマづくりを標榜(ひょうぼう)するメーカーでありがなら、モーガンにはレースで活躍した記録も残されている。1939年、ル・マン24時間レースにエントリーし、総合15位、クラス2位に入っているのだ。

1936年のデビュー以来、連綿と生産され続ける「4/4」。
1936年のデビュー以来、連綿と生産され続ける「4/4」。拡大
「4/4」のリアビュー。
「4/4」のリアビュー。拡大
ボディー設計に木材を使用していることも、モーガンのモデルの大きな特徴として挙げられる。
ボディー設計に木材を使用していることも、モーガンのモデルの大きな特徴として挙げられる。拡大

未来に受け継がれる古典の味

かように稀有(けう)な来歴の持ち主であるモーガンは、時にその歴史を逆手にとって、最近では現代的なアレンジの「エアロ8」をデビューさせたり、3ホイーラーを復活させたりして、そのつど好事家たちの話題をさらってきた。とはいえ、職人が一台一台ハンドメイドでクルマを作り続けている以上、そのキャパシティーは限られている。年間の生産台数はわずか850台で、新しいバリエーションが登場すればほかのモデルの生産が減り、その分納車も遅れるらしい。

それでも、首を長くして納車を待つオーナーのリストは増え続けているという。その魅力は、現代の交通環境に合わせてブレーキなどは強化されながらも、基本設計が変わらないことから、ほぼ当時のままの乗り心地、走りを堪能できることにある。つまりは“やせ我慢の美学”ともいえるかもしれない。

近年では環境問題についても配慮しており、2016年のジュネーブショーでは3ホイーラーをベースとした電気自動車「EV3」を発表。2018年の生産開始に向けて開発を進めている。電動化の時代を迎えても、モーガンは基本設計を守りつつ、これからも職人の手で作り続けられるのだ。

(文=内田俊一/編集=堀田剛資)
 

「エアロ8」は2000年のジュネーブショーで発表された。
「エアロ8」は2000年のジュネーブショーで発表された。拡大
ハンドメイドにこだわるモーガンの生産台数は、年間わずか850台と非常に少ない。
ハンドメイドにこだわるモーガンの生産台数は、年間わずか850台と非常に少ない。拡大
電気自動車の「EV3」。
電気自動車の「EV3」。拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

モーガン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。