トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化

2018.05.31 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」拡大

トヨタ自動車は2018年5月31日、コンパクトカー「ヴィッツ」を一部改良するとともに、特別仕様車「F“セーフティーエディションII”」および「F“アミー”」を設定し、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」拡大
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。拡大
 
トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化の画像拡大

今回の改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティー(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用した。また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違え時に衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を、新たにオプション設定している。

価格は、118万1520円から222万6960円まで。

特別仕様車F“セーフティーエディションII”は、「ハイブリッドF」および「F」をベースに、Toyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を特別装備とすることで、予防安全性能の強化を図っている。

価格は、137万3760円から189万6480円まで。

一方のF“アミー”は、同じくハイブリッドFおよびFをベースに、特別なインテリアコーディネートやボディーカラーを採用した特別仕様車である。

内装では、落ち着いたブラックをベースに、インパネ周辺にカッパーの加飾を施したほか、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備した。

ボディーカラーは、特別設定色の「ダークレッドマイカメタリック」「ボルドーマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」を含む、全6色展開となる。

このほかToyota Safety Senseと、「スマートエントリーセット」も特別装備する。

価格は、151万3080円から200万7720円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • 第173回:ケモノのような欲望 2020.4.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第173回は「ケモノのような欲望」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」に試乗! 初代「プリウス」に「アクア」と、2台のトヨタ製ハイブリッドカーを乗り継いできた筆者は、このクルマのデキをどう評価する?
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る