トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化

2018.05.31 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」拡大

トヨタ自動車は2018年5月31日、コンパクトカー「ヴィッツ」を一部改良するとともに、特別仕様車「F“セーフティーエディションII”」および「F“アミー”」を設定し、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」拡大
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。拡大
 
トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化の画像拡大

今回の改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティー(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用した。また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違え時に衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を、新たにオプション設定している。

価格は、118万1520円から222万6960円まで。

特別仕様車F“セーフティーエディションII”は、「ハイブリッドF」および「F」をベースに、Toyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を特別装備とすることで、予防安全性能の強化を図っている。

価格は、137万3760円から189万6480円まで。

一方のF“アミー”は、同じくハイブリッドFおよびFをベースに、特別なインテリアコーディネートやボディーカラーを採用した特別仕様車である。

内装では、落ち着いたブラックをベースに、インパネ周辺にカッパーの加飾を施したほか、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備した。

ボディーカラーは、特別設定色の「ダークレッドマイカメタリック」「ボルドーマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」を含む、全6色展開となる。

このほかToyota Safety Senseと、「スマートエントリーセット」も特別装備する。

価格は、151万3080円から200万7720円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も 2005.12.22 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ヴィッツ」に新グレード「I 'll(アイル)」を追加設定するとともに、一部改良を実施し、2005年12月19日に発売した。
ホームへ戻る