トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化

2018.05.31 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」
「トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU」拡大

トヨタ自動車は2018年5月31日、コンパクトカー「ヴィッツ」を一部改良するとともに、特別仕様車「F“セーフティーエディションII”」および「F“アミー”」を設定し、販売を開始した。

「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」
「ヴィッツ ハイブリッドF“セーフティーエディションII”」拡大
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。
「ヴィッツF“アミー”」のインテリア。拡大
 
トヨタが「ヴィッツ」の予防安全性能を強化の画像拡大

今回の改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティー(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用した。また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違え時に衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を、新たにオプション設定している。

価格は、118万1520円から222万6960円まで。

特別仕様車F“セーフティーエディションII”は、「ハイブリッドF」および「F」をベースに、Toyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を特別装備とすることで、予防安全性能の強化を図っている。

価格は、137万3760円から189万6480円まで。

一方のF“アミー”は、同じくハイブリッドFおよびFをベースに、特別なインテリアコーディネートやボディーカラーを採用した特別仕様車である。

内装では、落ち着いたブラックをベースに、インパネ周辺にカッパーの加飾を施したほか、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備した。

ボディーカラーは、特別設定色の「ダークレッドマイカメタリック」「ボルドーマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」を含む、全6色展開となる。

このほかToyota Safety Senseと、「スマートエントリーセット」も特別装備する。

価格は、151万3080円から200万7720円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る