ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入

2018.06.27 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー スポーツ(PHEV)」と、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(右)およびマーケティング・広報部ディレクターの若林敬一氏(左)。
「ランドローバー・レンジローバー スポーツ(PHEV)」と、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(右)およびマーケティング・広報部ディレクターの若林敬一氏(左)。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年6月27日、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」とプレミアムスポーツSUV「レンジローバー スポーツ」のラインナップにランドローバー初となるPHEVを追加し、予約受注を開始した。

「レンジローバー スポーツ(PHEV)」
「レンジローバー スポーツ(PHEV)」拡大
 
ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入の画像拡大
 
ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入の画像拡大
 
ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入の画像拡大
 
ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入の画像拡大
 
ランドローバー初のPHEVを「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2車種に導入の画像拡大

51kmの距離を電気だけで走行可能

レンジローバーおよびレンジローバー スポーツは、2018年4月27日にフェイスリフトを実施した2018年モデルを導入済みで、今回、このラインナップにPHEVが新たに追加された。

PHEV用のパワートレインは、レンジローバーとレンジローバー スポーツ共通のもので、最高出力300psを発生する2リッター直列4気筒ターボのINGENIUMガソリンエンジンに、最高出力116psの駆動用モーターを組み合わせたパラレル式ハイブリッドシステムとなる。

このモーターは8段ATに内蔵され、ランドローバー伝統の4WD機構も備える。ハイブリッドシステムのトータルアウトプットは、最高出力404ps、最大トルク640Nmを発生。その実力は、0-100㎞/h加速がレンジローバーで6.8秒、レンジローバー スポーツで6.7秒を記録し、最高速度はどちらも220km/hと公表されている。環境性能は両車共に、燃費性能が2.8リッター/100km、CO2排出量が64g/km(どちらもNEDC値)となり、レンジローバーファミリーらしい高性能と優れた環境性能の両立を実現しているという。

走行モードは、「EVモード」と「パラレル・ハイブリッド・モード」のいずれかが選択が可能。EVモードでは最大51kmの航続距離となり、オフロード走行もカバーする。一方、幅広い領域をカバーするハイブリッドモードでは、バッテリー消費を抑える「セーブ機能」に加え、ナビゲーションシステムに目的地を設定すると、目的地までの高低差のデータを活用し、モーターとエンジンを最適に切り替え、最も効率の良い走りを可能とする独自の「エネルギー最適化予測(PEO)」機能を備えるのも大きな特徴だ。

充電機能は、200Vの普通充電のみに対応し、フロントグリル内に充電口を備えている。充電中の機能として、外部から供給される電力を使い、車内の冷暖房を作動させ、乗車時までに車内を快適な空間に整えておくこともできる。エアコンのオン/オフは、専用スマートフォンアプリ「リモート」からも行えるので、この機能は重宝されそうだ。

価格は、レンジローバー スポーツが3グレード展開で、1185万円~1315万円。レンジローバーでは5グレード展開となり、1508万円~2866万円となる。

(文と写真=大音安弘)
 

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る