“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場

2018.06.28 自動車ニュース webCG 編集部
「MINI ONE 3ドア ヴィクトリア」
「MINI ONE 3ドア ヴィクトリア」拡大

BMWジャパンは2018年6月27日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」を設定し、同日販売を開始した。

 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大
 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大
 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大

MINIヴィクトリアは、エントリーグレードの「ONE(ワン)」をベースに、“英国生まれのMINIらしさ”をより強調した特別仕様車である。

具体的には、通常はオプション扱いである“ユニオンジャック”がデザインされたリアコンビランプを標準装備としたほか、カタログモデルのONEでは選択できない15インチアロイホイールを特別に採用。ボディーサイドには、タータンチェックをモチーフとしたオリジナルデザインのサイドスカットルを装着している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
MINI VICTORIA サイドスカットル(専用装備)
15インチ アロイホイール ヘリ・スポーク シルバー(特別装備)
LEDヘッドライト
LEDフロントフォグランプ
ホワイトターンシグナルライト

ボディーカラーは「ペッパーホワイト」「チリレッド」「ムーンウォークグレーメタリック」「ミッドナイトブラックメタリック」の全4色。価格は、3ドアが270万円、5ドアが288万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース