“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場

2018.06.28 自動車ニュース
「MINI ONE 3ドア ヴィクトリア」
「MINI ONE 3ドア ヴィクトリア」拡大

BMWジャパンは2018年6月27日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」を設定し、同日販売を開始した。

 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大
 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大
 
“英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場の画像拡大

MINIヴィクトリアは、エントリーグレードの「ONE(ワン)」をベースに、“英国生まれのMINIらしさ”をより強調した特別仕様車である。

具体的には、通常はオプション扱いである“ユニオンジャック”がデザインされたリアコンビランプを標準装備としたほか、カタログモデルのONEでは選択できない15インチアロイホイールを特別に採用。ボディーサイドには、タータンチェックをモチーフとしたオリジナルデザインのサイドスカットルを装着している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
MINI VICTORIA サイドスカットル(専用装備)
15インチ アロイホイール ヘリ・スポーク シルバー(特別装備)
LEDヘッドライト
LEDフロントフォグランプ
ホワイトターンシグナルライト

ボディーカラーは「ペッパーホワイト」「チリレッド」「ムーンウォークグレーメタリック」「ミッドナイトブラックメタリック」の全4色。価格は、3ドアが270万円、5ドアが288万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.9.23 試乗記 大ヒットモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に進化した。今回、連れ出したのはコンパクトなハイブリッド機構を備えたガソリンモデルのトップグレード「R-DYNAMIC HSE P300 MHEV」。初代からの進化のほどと電動化されたパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る