ジャガー、「XJ」シリーズの2012年モデルを発表

2011.07.21 自動車ニュース

ジャガー、「XJ」シリーズの2012年モデルを発表

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年7月20日、ジャガーのフラッグシップモデル「XJ」シリーズの2012年モデルを発表した。同年9月に販売を開始する。

■“リムジン度”がアップ

2012年モデルでは、「ポートフォリオ」と「スーパースポーツ」のロングホイールベースモデルに、新たに「リアシートコンフォートパック」が追加された。同パッケージは、後席の電動リクライニング角度調整機能、4方向ランバーサポート機能、マッサージ機能、左右の角度が調整できるヘッドレスト、フットレストがセットとなったもの。

全車に共通する変更点としては、「イルミネーションパック(ステンレストレッドフィニッシャー、トランクフィニッシャー、エアベントのイルミネーション)」と、「ピアノブラックベニア」、「スペシャルペイントカラー(ブラックアメジストとイタリアンレーシングレッド)」がオプション設定された。

またキーフォブ(キーホルダー)のデザインが変更され、新たに軽量タイプのものが採用された。

2012年モデルの価格は、「ラグジュアリー」と「プレミアムラグジュアリー」が従来モデルより10万円値上がりし、1010万円と1160万円。「ポートフォリオ スタンダードホイールベース」は15万円アップの1335万円、「ポートフォリオ ロングホイールベース」は55万円高の1655万円、「スーパースポーツ スタンダードホイールベース」は20万円高い1675万円、「スーパースポーツ ロングホイールベース」は60万円値上がりし、1815万円となる。

(webCG 曽宮)

「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」 拡大

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • ジャガーXJR575(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.31 試乗記 モデル末期ともうわさされるジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「XJR」が、よりパワフルな「XJR575」に進化を遂げた。575psのパワーを“後ろ足”だけで地面にたたき付ける、英国最後の猛獣の走りを報告する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
ホームへ戻る