「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場

2018.07.02 自動車ニュース
「トヨタ86 GRスポーツ」
「トヨタ86 GRスポーツ」拡大

トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。

 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大
 
「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場の画像拡大

今回の86 GRスポーツは、2017年秋に発表されたスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもの。高度なチューニングが施された台数限定販売の「GRMN」、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデル「GR」の下に位置付けられた“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。

これまで86シリーズには、2016年2月に100台限定の「86 GRMN」が、2017年秋に「86 GR」が設定されている。

86 GRスポーツには、86 GR用のスポイラーやメーターなどを装着したほか、リアのサスペンションメンバーにブレースを追加して剛性を強化。ボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」「クリスタルブラックシリカ」「ピュアレッド」の全3色展開となる。

86 GRスポーツの主要装備は以下の通り。

  • 専用フロントスポイラー(アンダーリップなし)+専用フロントバンパーサイドフィン
  • ブレンボ製17インチ対向フロント4ピストン/リア2ピストンベンチレーテッドディスクブレーキ
  • 17×7 1/2J ブレンボ専用アルミホイール(ブラック塗装、215/45R17 87Wタイヤ)
  • 専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+「GR」エンブレム+スポーク部のブラック加飾)
  • 専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/「GR」ロゴ付き)

価格は6段MT車が378万円、6段AT車が384万6960円。

また、86 GRスポーツの発売にあわせてトヨタは、86 GRおよび86 GRスポーツ用の専用装備をアフターパーツとして標準車向けに設定した「GRパーツ」も発売した(一部は2018年10月末に発売)。

主なGRパーツは以下の通り。

【7月2日発売】

  • GRフロントスポイラー(アンダーリップ付き)&バンパーサイドフィン:17万8200円
  • GRフロントスポイラー(アンダーリップなし)&バンパーサイドフィン:16万2000円
  • GRリアスポイラー:5万8320円
  • GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール:6万0480円
  • GRスタートスイッチ:1万5120円

【10月末発売】

  • GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>&フロント6ピストン/リア4ピストンブレーキセット(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):123万8220円
  • GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):38万5020円
  • GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>17×7 1/2J[1台分]>:31万5360円
  • GRフロントステアリングラックブレース:2万0520円
  • GRリアサスペンションメンバーブレース:4万8600円

このほか、TOYOTA GAZOO Racingレコーダーとセットにすることで3連メーターへの表示機能の拡張やラップタイム計測などを行えるGR T-Connectナビも発売した。200台の台数限定となっており、価格は標準仕様が16万2000円、TOYOTA GAZOO Racingレコーダー付きが26万1360円。

(webCG)

関連キーワード:
86, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る