日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大

2011.07.20 自動車ニュース

日産、米国で電気自動車「リーフ」の販売地域を拡大

日産自動車の米国法人 日産ノースアメリカは2011年7月19日、米国における「リーフ」の販売地域を拡大すると発表した。また、あわせて2012年モデルの概要を公表した。

■アメリカ北東部や中西部でも販売

米国における「日産リーフ」の販売地域が拡大する。日産は 2012年までに全米で販売することを目標に、これまでカリフォルニア州やアリゾナ州、オレゴン州、ワシントン州(シアトル市など一部の都市)、テネシー州などの地域で約4000台のリーフを販売してきた。

そして今回、2011年7月25日からはアラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、イリノイ州、メリーランド州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、ワシントンD.C.で一般向けの販売を開始、8月4日からはさらに、アリゾナ州、カリフォルニア州、ハワイ州、オレゴン州、テネシー州、テキサス州、ワシントン州でも受注を開始することを明らかにした。

また今後投入される車両(2012年モデル)には、これまでの顧客からの声が反映され、30分で約80%までバッテリーの充電が可能な急速充電が上級グレード「SL」に、寒冷地仕様(バッテリーヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、前後席用シートヒーター)は全車に標準装備される。

装備変更とともに価格も改定され、2012年モデルの米国での車両価格は、標準グレード「SV」が3万5200ドル(約278万円)、上級グレード「SL」は3万7250ドル(約294万円)。 「SV」で約7.4%、「SL」で約10.5%の値上げとなった。

(webCG 曽宮)

「日産リーフ」(北米仕様)
「日産リーフ」(北米仕様) 拡大
 
日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像 拡大
 
日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像 拡大
 
日産、米国でEV「リーフ」の販売地域を拡大の画像 拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
ホームへ戻る