トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定

2018.08.01 自動車ニュース
「トヨタ・カムリWS“レザーパッケージ”」
「トヨタ・カムリWS“レザーパッケージ”」拡大

トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。

 
トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定の画像拡大
 
トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定の画像拡大
 
トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定の画像拡大
 
トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定の画像拡大

今回の改良では、オート電動格納式ドアミラーとインテリジェントクリアランスソナーを標準装備(「X」にはオプション設定)としたほか、JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)を新たにオプション設定した。

Worldwide&Sportyのイニシャルを取ったWSは「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれる新グレードだ。

エクステリアでは、フロントグリルやリアスポイラーなどに標準車よりもスポーティーなデザインのパーツを採用。ブラック塗装の18インチアルミホイールや左側2本出しのマフラーカッターなども用意する。

インテリアには、専用シートやパドルシフト、メタリックな風合いのインパネオーナメントなどを採用した。

このほか、サスペンションにもチューニングを施すことで、より応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求している。

ボディーカラーは、WS専用となる「アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック」のほか、「アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ」「アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII」の、全3タイプの2トーンカラーを新規設定した。

価格は「WS」が367万2000円、「WS“レザーパッケージ”」が434万1600円。

(webCG)

関連キーワード:
カムリ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カムリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • トヨタ・カムリ【開発者インタビュー】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されている、トヨタのグローバルセダン「カムリ」。プラットフォームやパワートレインを刷新した最新型にかける思いを、その開発を主導した勝又正人チーフエンジニアに聞いた。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
ホームへ戻る