三菱が「デリカD:2」と「デリカD:2カスタム」の予防安全技術を強化

2018.08.02 自動車ニュース
「三菱デリカD:2ハイブリッドSZ全方位カメラパッケージ」
「三菱デリカD:2ハイブリッドSZ全方位カメラパッケージ」拡大

三菱自動車は2018年8月2日、「デリカD:2」および「デリカD:2カスタム」を一部改良し、同日、販売を開始した。

「デリカD:2カスタム ハイブリッドSV全方位カメラパッケージ」

	
	
		「デリカD:2カスタム ハイブリッドSV全方位カメラパッケージ」
	
	
	拡大

デリカD:2とデリカD:2カスタムは、三菱がスズキからOEM供給を受けて販売するコンパクトハイトワゴンであり、前者が「ソリオ」の、後者が「ソリオ バンディット」の、それぞれ姉妹モデルにあたる。

今回に改良では、予防安全技術と機能装備の強化が図られている。

予防安全技術「e-Assist」については、衝突被害軽減ブレーキシステムの検知対象を夜間の歩行者にまで拡大したほか、後方誤発進抑制機能と後退時ブレーキサポート、アダプティブクルーズコントロール、ハイビームアシストを全車に標準装備とした。

機能装備では、全方位モニター用カメラパッケージとシフトパドルを新たに設定した。

このほか、デリカD:2カスタムのボディーカラーに「スピーディーブルーメタリック/ブラック」および「クラレットレッドメタリック/ブラック」の2タイプの2トーンカラーを新たに採用し、全8タイプ展開とした。

価格はデリカD:2が182万1960円~226万3680円。デリカD:2カスタムが207万4680円~229万9320円。

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:2, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • 三菱が「デリカD:2」と「デリカD:2カスタム」の予防安全技術を強化 2018.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2018年8月2日、「デリカD:2」および「デリカD:2カスタム」を一部改良し、同日、販売を開始した。両車は三菱がスズキからOEM供給を受けて販売するコンパクトハイトワゴンであり、前者が「ソリオ」の、後者が「ソリオ バンディット」の、それぞれ姉妹モデルにあたる。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る