トヨタ・クラウン2.5 G(前編)

2018.08.09 谷口信輝の新車試乗 谷口 信輝 「さらなる走りの進化」をうたう15代目「トヨタ・クラウン」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。長年にわたり販売されてきた高級セダンの最新型を、第一線で活躍するプロはどのように評価する?

この乗り味を例えるなら……

今回、谷口信輝に試乗してもらうのは、先ごろ15代目に生まれ変わったばかりのトヨタ・クラウンである。

従来、「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」とあったラインナップを6ライトの4ドアセダンで一本化した新型クラウンだが、パワートレインは2リッター直4ターボ、2.5リッター直4ハイブリッド、3.5リッターV6マルチステージハイブリッドの3種類が用意される。

今回は、この中で主力となることが期待されている2.5リッター直4ハイブリッドを積む「2.5 G」というグレードを用意した。車両本体価格は562万1400円。シートベンチレーションを含む「レザーシート・パッケージ」(約30万円)、高度な運転支援装置(12万5000円ほど)などのオプションを含んだ総価格は641万2500円となる。

本連載の取材では、カメラマンが撮影ポイントに立つと谷口が試乗を開始し、撮影が終わったところで谷口が試乗基地に帰着。そこで試乗車に関するコメントを語ってもらう段取りになっているが、クラウンの試乗では撮影が終了していったんは基地に戻ってきたものの、「やっぱり、もうちょっと乗りたい」と言って谷口が再びワインディングロードに戻るという珍しい事態が起きた。いったい、谷口はクラウンからなにを感じ取ったのだろうか?

「あらためて乗り直したのは、最初の試乗だけではこのクルマのよさがつかみとれなかったからです」

では、2度目の試乗を終えたいまは、新型クラウンの特徴を把握できたのだろうか?
「はい、見つけましたよ。このクルマのいいところを……」

 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
関連記事
  • トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“アドバンスト”(4WD/6AT)【試乗記】 2023.1.16 試乗記 「トヨタ・クラウン」といえば「ユーザー層の若返り」が積年のテーマだが、すべてが刷新された16代目で、ついにそれが実現しそうだ。走りっぷりは若々しく、何よりも“新しい乗りもの”感にあふれている。ターボハイブリッド車「RS」の仕上がりをリポート。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)【試乗記】 2023.1.14 試乗記 利便性の高さが自慢の、ホンダのユーティリティーコンパクト「フィット」がマイナーチェンジ。改良前のモデルと比べて、どこに手が加わり、どのような進化を遂げたのか? SUVテイストあふれる「e:HEVクロスター」の4WDモデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-60 PHEVエクスクルーシブ スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2023.1.23 試乗記 多彩なパワートレインを用意する「マツダCX-60」のなかから、今回はプラグインハイブリッド車をピックアップ。先に登場したモデルと同様に粗があるのは事実だが、時折見られるキラリとした部分にはエンジニアの確かな意思が感じられる。マツダの描いた理想は果てしなく高い。
  • フィアット・デュカトL2H2(FF/9AT)【試乗記】 2023.1.28 試乗記 小山のように大きなこのクルマは「フィアット・デュカト」である。見てのとおりのサイズだけに運転感覚は独特だが、広大な車室をどのように仕立てていくかという夢想は、ほかのクルマにはない楽しみだ。“男の城”を手にした気分を味わってみた。
  • BMW i7 xDrive60エクセレンス(4WD)【試乗記】 2023.1.20 試乗記 どこかの社長も「ワオ!」と声を上げるに違いないが、見た目のすごさは「BMW i7」の魅力のごく一部にすぎない。画期的な新装備群に加えて、圧倒的なまでの走行性能と快適性は、既存のクルマとは別次元というほかない。電気の力は恐ろしい。
ホームへ戻る