マセラティ、V8エンジンを積んだ「レヴァンテGTS」を発表

2018.08.20 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテGTS」
「マセラティ・レヴァンテGTS」拡大

マセラティ ジャパンは2018年8月19日、「マセラティ・レヴァンテGTS」を大型客船「MSCスプレンディダ」の船上にて日本初公開した。

「レヴァンテGTS」は大型客船「MSCスプレンディダ」の船上でお披露目された。
「レヴァンテGTS」は大型客船「MSCスプレンディダ」の船上でお披露目された。拡大
船内にはブランドヒストリー等を紹介する特設のショールームも設けられた。
船内にはブランドヒストリー等を紹介する特設のショールームも設けられた。拡大
プールサイドに展示された「レヴァンテGTS」。
プールサイドに展示された「レヴァンテGTS」。拡大

レヴァンテGTSは、マセラティの大型SUV「レヴァンテ」シリーズに設定された初のV8モデルで、2018年7月に英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」において世界初公開された。

同車は「クアトロポルテGTS」と同じ最高出力550ps/6200rpm、最大トルク730Nm/2500-5000rpmを発生する3.8リッターV8ツインターボを搭載しており、ZF製の8段ATやフルタイム4WD機構「Q4インテリジェントAWDシステム」との組み合わせにより、0-100km/h加速が4.2 秒、最高速度が292km/hという動力性能を実現している。

なお、今回の日本初公開は、2018年8月18日から4日間にわたる、横浜から上海までクルージングの中で開催。「Maserati Japan Tridente Experience 2018」と銘打たれたこのイベントには全国から60組の顧客が参加し、同年8月19日に、太平洋上にてレヴァンテGTSが披露された。マセラティ ジャパンによると、太平洋上での新車発表は、これが世界初の試みという。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク ファーストエディションP250【試乗記】 2019.8.7 試乗記 2代目に進化したランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。そのスタイルはキープコンセプトだが、中身は新型プラットフォームの採用により刷新されているという。導入記念モデル「ファーストエディションP250」を軽井沢に連れ出し、実力を確かめてみた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る