専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売

2018.08.21 自動車ニュース
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年8月20日、コンパクトハッチバック「C3」の特別仕様車「COLORADO(コロラド)エディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大
 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大

アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。


	アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。
	拡大
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。拡大

今回のC3コロラドエディションは、「米国中西部に見られるコロラド川が生んだ自然景観にインスパイアされた」という、シックな内装を特徴とする特別仕様車。

通常のカタログモデルにはない、ライトブラウンのテップレザーとツイード調ファブリックによるコンビ仕立てとなっている。さらに、17インチのアロイホイールも装着される。

価格は252万円。ボディーカラーは以下の3色がラインナップされる(カッコ内はルーフカラー)。

  • アーモンドグリーン(ブラウンオパール)
  • ブランバンキーズ(ルージュアデン)
  • ルージュルビ(ノアールオニキス)

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 第147回:やっぱ欲しいんです 2019.10.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第147回は「やっぱ欲しいんです」。シトロエンの新型車「C3エアクロスSUV」に試乗! 同型エンジンを搭載した愛車「DS3」との違いは? “2年間クルマを買ってない”と買い替えに意欲的な筆者が、最終的に出した答えは?
ホームへ戻る