専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売

2018.08.21 自動車ニュース
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年8月20日、コンパクトハッチバック「C3」の特別仕様車「COLORADO(コロラド)エディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大
 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大

アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。


	アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。
	拡大
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。拡大

今回のC3コロラドエディションは、「米国中西部に見られるコロラド川が生んだ自然景観にインスパイアされた」という、シックな内装を特徴とする特別仕様車。

通常のカタログモデルにはない、ライトブラウンのテップレザーとツイード調ファブリックによるコンビ仕立てとなっている。さらに、17インチのアロイホイールも装着される。

価格は252万円。ボディーカラーは以下の3色がラインナップされる(カッコ内はルーフカラー)。

  • アーモンドグリーン(ブラウンオパール)
  • ブランバンキーズ(ルージュアデン)
  • ルージュルビ(ノアールオニキス)

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る