専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売

2018.08.21 自動車ニュース
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)
「シトロエンC3コロラドエディション」(写真のボディーカラーはブランバンキーズ)拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年8月20日、コンパクトハッチバック「C3」の特別仕様車「COLORADO(コロラド)エディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大
 
専用インテリアを特徴とする「シトロエンC3」発売の画像拡大

アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。


	アーモンドグリーンの「C3コロラドエディション」。
	拡大
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。
写真のボディーカラーはルージュルビ。ノアールオニキス色のルーフが組み合わされる。拡大

今回のC3コロラドエディションは、「米国中西部に見られるコロラド川が生んだ自然景観にインスパイアされた」という、シックな内装を特徴とする特別仕様車。

通常のカタログモデルにはない、ライトブラウンのテップレザーとツイード調ファブリックによるコンビ仕立てとなっている。さらに、17インチのアロイホイールも装着される。

価格は252万円。ボディーカラーは以下の3色がラインナップされる(カッコ内はルーフカラー)。

  • アーモンドグリーン(ブラウンオパール)
  • ブランバンキーズ(ルージュアデン)
  • ルージュルビ(ノアールオニキス)

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • 新型コンパクトSUV「DS 3クロスバック」発売 2019.6.26 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月26日、コンパクトSUVの新型車「DS 3クロスバック」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。個性的なデザインや先進技術の採用により、テクノロジーとラグジュアリーの融合がうたわれている。
ホームへ戻る