アルピーヌが「A110」のカタログモデルを9月に発表

2018.08.28 自動車ニュース

アルピーヌ・ジャポンは、ミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に設定する新グレードを2018年9月21日に発表する。

今回発表される新グレードは「ピュア」と「リネージ」の2種類。概要は以下の通りとなっている。

【アルピーヌA110ピュア】
主要装備

  • FUCHS製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)
  • 前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク
  • スポーツエキゾースト
  • パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ
  • Sabelt製軽量モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)

ボディーカラー

  • ブルーアルピーヌM
  • ブランイリゼM
  • ブラングラシエ

【アルピーヌA110リネージ】
主要装備

  • 18インチアロイホイール(ブラック)
  • 前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク
  • スポーツエキゾースト
  • パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ
  • Sabelt製スポーツシート(ブラウンレザー)

ボディーカラー

  • ブルーアルピーヌM
  • グリトネールM

252psの最高出力や320Nmの最大トルクなど、エンジンやトランスミッションの仕様については50台限定で導入された特別仕様車「プルミエールエディション」と共通。車両重量は「ピュア」が1110kg、「リネージ」が1130kgとなっている。

(webCG)
 

「アルピーヌA110」(本国仕様)
「アルピーヌA110」(本国仕様)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタート 2021.6.10 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年6月10日、限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」の注文受け付けを開始した。受付期間は同年7月18日までで、世界限定台数の300台に達した場合は、その時点で販売終了となる。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る