アルピーヌが「A110」のカタログモデルを9月に発表

2018.08.28 自動車ニュース

アルピーヌ・ジャポンは、ミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に設定する新グレードを2018年9月21日に発表する。

今回発表される新グレードは「ピュア」と「リネージ」の2種類。概要は以下の通りとなっている。

【アルピーヌA110ピュア】
主要装備

  • FUCHS製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)
  • 前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク
  • スポーツエキゾースト
  • パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ
  • Sabelt製軽量モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)

ボディーカラー

  • ブルーアルピーヌM
  • ブランイリゼM
  • ブラングラシエ

【アルピーヌA110リネージ】
主要装備

  • 18インチアロイホイール(ブラック)
  • 前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク
  • スポーツエキゾースト
  • パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ
  • Sabelt製スポーツシート(ブラウンレザー)

ボディーカラー

  • ブルーアルピーヌM
  • グリトネールM

252psの最高出力や320Nmの最大トルクなど、エンジンやトランスミッションの仕様については50台限定で導入された特別仕様車「プルミエールエディション」と共通。車両重量は「ピュア」が1110kg、「リネージ」が1130kgとなっている。

(webCG)
 

「アルピーヌA110」(本国仕様)
「アルピーヌA110」(本国仕様)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化 2020.3.6 デイリーコラム 復活、復刻、リバイバル。往年の名車を思わせるモデルがさまざまなブランドから登場するなか、筆者は「アルピーヌA110S」の走りに大きな衝撃を受けたという。スポーツカーの進化について、ひとりのクルマ好きが語った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
ホームへ戻る