フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定

2018.08.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年8月29日、「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定し、間もなく発売すると発表した。

 
フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定の画像拡大

ゴルフトゥーランは3列7人乗りのシートレイアウトを持つコンパクトミニバンである。現行モデルの日本導入は2016年1月で、これまでは1.4リッターガソリンターボ車のみがラインナップされていた。

今回、新たに設定される新モデルは最高出力150ps、最大トルク340Nmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。同エンジンを搭載する「ティグアン」とは異なり、トランスミッションには7段ではなく6段のDSGが組み合わされる。また排ガスの後処理システムとして、酸化触媒、選択触媒還元(SCR)、ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)などを採用することで、日本のポスト新長期排ガス規制に適合しているという。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • TDIコンフォートライン:369万9000円
  • TDIハイライン:407万9000円

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る