BMWが「1シリーズ」のラインナップを刷新

2018.09.06 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」拡大

BMWジャパンは2018年9月5日、コンパクトカー「BMW 1シリーズ」のラインナップを変更し、販売を開始した。

 
BMWが「1シリーズ」のラインナップを刷新の画像拡大

今回の変更では、かつて特別仕様車として販売していた、「118i」と「118d」の「Mスポーツ エディションシャドウ」および「ファッショニスタ」、ならびに今回が初設定となる「M140iエディションシャドウ」をカタログモデルに追加した。

一方、これまで各グレードに設定されていた「スポーツ」「スタイル」「Mスポーツ」の3つの仕様については、「120i」のみに受注生産という形で残し、ラインナップから廃止した。

今回設定された新グレードの主な仕様は、以下の通り。

【118i/118d Mスポーツ エディションシャドウ】
<ボディーカラー>
アルピンホワイト、ブラックサファイア、ミネラルグレー、サンセットオレンジ、エストリルブルー

<専用/特別装備>

  • ダークヘッドライト/リアランプ
  • ハイグロスブラック・キドニーグリル
  • 18インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク ジェットブラック
  • コーナークロス アンソラジット/グレー・ハイライト
  • ハイグロスブラックトリム/パールクローム・ハイライト
  • インテリアバッジ
  • パーキングサポートパッケージ
  • ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • コンフォートパッケージ

<価格>

  • 118i Mスポーツ エディションシャドウ:379万円
  • 118d Mスポーツ エディションシャドウ:404万円

【118i/118dファッショニスタ】
<ボディーカラー>
ミネラルホワイト、メルボルンレッド、シーサイドブルー(専用色)

<専用/特別装備>

  • 17インチアロイホイールYスポークスタイル380
  • ダコタレザーシート オイスター/ブラックステッチ
  • フロントシートヒーティング
  • インテリアバッジ
  • パーキングサポートパッケージ
  • ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • コンフォートパッケージ

<価格>

  • 118i ファッショニスタ:379万円
  • 118d ファッショニスタ:404万円

【M140iエディションシャドウ】
<ボディーカラー>
アルピンホワイト、ブラックサファイア、エストリルブルー

<専用/特別装備>

  • ダークヘッドライト/リアランプ
  • ハイグロスブラック・キドニーグリル
  • 18インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク オービットグレーメタリック436M
  • ダコタレザーシート ブラック/ブルーステッチ(専用色)
  • ハイグロスブラックトリム/パールクローム・ハイライト
  • インテリアバッジ
  • HiFiサウンドスピーカーシステム

<価格>

  • M140iエディションシャドウ:652万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.6 試乗記 1984年に登場したアウディの「スポーツクワトロ」を連想させるモチーフがそこかしこに用いられた、2代目「A1スポーツバック」。同社のエントリーモデルとしてはもちろん、コンパクトなプレミアムモデルとしても注目度の高い、この新型車の魅力とは?
  • 現行モデルはこれで最後! 「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に50台の限定モデル 2019.12.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション」を発売。現行型ルーテシアR.S.の最後を飾る限定モデルで、ルノー・スポールのテスト/開発ドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏のサイン入りプレートを装着。50台が限定販売される。
ホームへ戻る