日産が「セレナ」を一部改良 お買い得な新グレードも

2018.09.06 自動車ニュース
「日産セレナ ハイウェイスターVセレクションII」
「日産セレナ ハイウェイスターVセレクションII」拡大

日産自動車は2018年9月6日、ミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「セレナNISMO」
「セレナNISMO」拡大
「セレナAUTECH」
「セレナAUTECH」拡大

今回は、マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に安全装備の充実を図ったほか、新グレードを設定した。

安全装備については、従来「e-POWER」車に標準装備としていたハイビームアシストを、S-HYBRID車とガソリン車にも拡大設定。また、標識検知機能に最高速度標識検知および一時停止標識検知を追加した。さらに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、e-POWER車と同様、前方の歩行者を検知対象に追加した。

価格は233万1720円から314万0640円まで。

「X」および「ハイウェイスター」グレードに新設定する「VセレクションII」については、両側ワンタッチオートスライドドアなどの人気アイテムを装備した従来の「Vセレクション」をベースに、上記の安全装備の数々を装備しながら価格を抑えた、お買い得な設定としている。価格は「X VセレクションII」のFF車が266万2200円、4WD車が290万6280円。「ハイウェイスターVセレクションII」のFF車が287万4960円、4WD車が313万5240円。

あわせて「セレナNISMO」にも標準車と同様の仕様変更を実施している。価格は342万4680円。

また、日産の関連会社であるオーテックジャパンが手がけるカスタマイズカー「セレナAUTECH」にも同様の変更が行われたほか、AUTECH専用ボディーカラーの「カスピアンブルー」が新たに設定された。価格はセレナAUTECHのFF車が299万0520円、4WD車が322万3800円。「AUTECHスポーツスペック」が357万2640円。

(webCG)

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「セレナ」をマイナーチェンジ デザインを一新し「全方位運転支援システム」を全車標準装備 2019.8.2 自動車ニュース 日産自動車は2019年8月1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。エクステリアデザインを変更したほか、「全方位運転支援システム」を全車で採用。新色を2色追加し、4種類のツートンカラーを含む全14色のボディーカラーを設定している。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る