スズキ、ミニバン「ランディ」の安全装備を強化

2018.09.07 自動車ニュース
「スズキ・ランディ」
「スズキ・ランディ」拡大

スズキは2018年9月7日、3列シート8人乗りミニバン「ランディ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

 
スズキ、ミニバン「ランディ」の安全装備を強化の画像拡大
 
スズキ、ミニバン「ランディ」の安全装備を強化の画像拡大

新たにハイビームアシストを全車に採用

ランディは、スズキが日産からOEM供給を受けて販売しているミドルクラスの箱型ミニバンであり、「日産セレナ」の姉妹モデルにあたる。

今回の仕様変更の内容は、先日実施されたセレナのそれに準じたもので、周辺の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」を搭載。また、低速走行での前進/後退時に、障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」に、「歩行者検知機能(前進時)」を採用した。

さらに、道路標識をメーター内に表示し、ドライバーに通知する標識検知機能に、新たに「最高速度標識検知」と「一時停止標識検知」を追加している。

価格は250万5600円から325万4040円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ランディ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ランディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ 2010.12.24 自動車ニュース スズキは2010年12月21日、日産自動車からOEM供給を受ける3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、発売した。
  • スズキ、ミニバン「ランディ」の安全装備を強化 2018.9.7 自動車ニュース スズキは、日産からOEM供給を受けているミニバン「ランディ」の安全装備を強化する仕様変更を行い、2018年9月7日に販売を開始。「ハイビームアシスト」を搭載し、「踏み間違い衝突防止アシスト」に「歩行者検知機能(前進時)」を新たに加えた。
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る