ベントレー、2019年の全生産モデルが100周年記念仕様に

2018.09.10 自動車ニュース
「センテナリーゴールド」の特別なカラーリングを用いた100周年を記念するフロントバッジ。
「センテナリーゴールド」の特別なカラーリングを用いた100周年を記念するフロントバッジ。拡大

英ベントレーは2018年8月30日(現地時間)、2019年に同社が設立100周年を迎えることを記念し、イギリスのクルー工場にて2019年1月から12月までに生産される全モデルに、「Centenary(センテナリー)」と呼ぶ特別仕様を施すと発表した。

 
ベントレー、2019年の全生産モデルが100周年記念仕様にの画像拡大
 
ベントレー、2019年の全生産モデルが100周年記念仕様にの画像拡大
 
ベントレー、2019年の全生産モデルが100周年記念仕様にの画像拡大

このセンテナリーは、1919年の「ベントレーEXP 2」や、サー・ヘンリー・バーキンが駆りレースを戦った1929年製の通称「‘Birkin’Blower(バーキン・ブロワー)」など、ヴィンテージ・ベントレーに見られる繊細な金属加工に敬意を表するものだという。「フライングB」と呼ばれるベントレーのエンブレムが「Centenary Gold(センテナリーゴールド)」で縁取られるほか、「1919」と「2019」の表記がBの文字の左右に添えられたデザインが、通常のエンブレムとは異なっている。

エクステリアでは、ボディー前後やホイールセンターにこの100周年を示すエンブレムをあしらい、インテリアでは、100周年の特製ウエルカムライトを装備したほか、ステアリングホイールやギアセレクター、キーフォブ、シートのヘッドレスト部分に同エンブレムが採用されている。さらにシートには、センテナリーゴールドのコントラストステッチまたはクロスステッチが使用されている。

ベントレーは、2019年の7月10日は設立100年の歴史と今日の世界的な成功を祝う記念の日になるとコメントしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
コンチネンタルGT, フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • 新型「スバル・レヴォーグ」に早くも「STIスポーツ」登場【東京オートサロン2020】 2019.12.25 自動車ニュース スバルは2019年12月25日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)に、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルと共同でブースを出展すると発表した。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
ホームへ戻る